スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
鳩山総理の退陣と驚きの6月2日(3日朝、追記あり)
 今日は、朝から鳩山総理の退陣表明を聞き驚きました。
しかも、小沢幹事長も一緒に辞任されるということで更なる驚きでした。
もうひとつおまけに驚いたのが参議院熊本選挙区にみんなの党から元民主党参議院議員本田良一氏の娘さんが立候補されるということでした。
 2010年6月2日は、驚きの一日だったとして私の記憶に残りそうです。

 鳩山総理の辞任については、普天間基地移設問題で辞任も有り得るというより辞任すべきという思いもありましたが小沢幹事長も辞任されるとは思っていませんでした。むしろ、小沢幹事長は辞任する必要はなかったのです。
 辞任されたことで多くの国民は「小沢幹事長の政治資金問題はクロ」という間違った認識を更に深くすることでしょう。これは、大きな間違いです。

 小沢幹事長の政治資金問題は秘書の責任問題も係争中の事案であって有罪が確定した訳ではありません。むしろ、検察が不利で無罪になる可能性も大きいのであります。
 この件については、私の考えと近い植草一秀先生のブログを下にリンクしておりますので是非読んでいただきたいと思います。


 次の総理は誰になるか分かりませんがこの機会に真の国民生活第一の民主党になって欲しいと思います。

 さて、もうひとつの驚き本田良一氏の娘さん顕子さんの件ですが、本田良一氏は民主党公認、連合推薦の参議院議員でした。
 本田顕子さんの出馬で熊本選挙区で一人勝ちするのは自民党の松村祥文氏と考えるのが常識的な見方でしょう。
組織票の固い自民党は崩れませんが、唯でさえ逆風の民主党は自民党でも民主党でもない人は勿論のこと、本田良一氏の元々の組織であるNTT労組やそのOBの票まである程度、本田顕子さんに奪われることになりましょう。
 また、「本田」という同姓によって、投票用紙に「本田」「ほんだ」「ホンダ」と書かれていれば双方の得票数によって案分されますからこれもマイナス要因になります。

有権者には「本田浩一」「ほんだこういち」「ホンダコウイチ」と氏名をはっきりと書いていただかなければならないということです。

 本田顕子さんが当選することは考えられませんから「漁夫の利」を得るのは松村さんであります。
本田浩一氏が気の毒でなりません。


植草一秀ブログ
スポンサーサイト
【2010/06/02 23:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<やすらぎ県民霊園・・一周年記念特別企画のお知らせ(6月2日追記あり) | ホーム | 子ども手当が始まる6月が来ました。>>
コメント
私は慶峰さんは大好きなんですが、今日のご意見はいただけませんなあー(笑い)
小沢さんは、やはり辞任すべきだったと思います。検察は証拠不十分だから訴追しても裁判を維持できないと考えて不起訴にしました。無実を認定したわけではありません。国民一般の常識からして、4憶円もの金を代表者小沢さんに相談もなく秘書たちだけで勝手に動かすなどとは考えられません。自分は知らなかったと言っています。検察は証拠が不十分だから見逃しましたが、国民の目は誤魔化せなかったというのが本当のところではないでしょうか。鳩山さんが母親から7憶円もの政治資金をもらったのを、自分は知らなかったと言ったのも、同様です。私はこういうことで失脚させるのはよくないと思っています。しかし、大方の国民は小沢さんの場合と同様、鳩山さんの弁明を信用していません。私も二人の弁明は全く信用していません。
《信なくば立たず》といわれるように、これでは選挙は戦えません。選挙に勝つために、やむなく二人は辞任したのであって、民主党にとってはよかったと思われます。最も自民党的体質を持った人たちを看板にすること自体、おかしなことだと私は思っていました。
【辞任されたことで多くの国民は「小沢幹事長の政治資金問題はクロ」という間違った認識を更に深くすることでしょう。】と言っておられますが、もともと大方の国民はクロと思っています。小沢さん自身が一番よくご存じのはずです。

本田顕子さんの件についても、賛成できません。
本田さんは父親とは違う政党、それも出来たばかりで地方組織などないに等しい政党から出ます。父親と同じ選挙区とはいえ父親が属していた政党からも組織からも支援は受けられません。父親も引退して長くなるので影響力はおっしゃっているように大したことはないでしょうが、父親の個人的な人脈で応援を受けることは、誰が立候補しても同じことです。
私は世襲候補は、イギリスと同じように禁止すべきだと考えています。しかし、このケースは、父親が引退して6年経っていること、政党が異なること、などを勘案すると世襲度は低いと思います。
父親が属していた政党とは異なる政党から娘が立候補することを父親が引き止めることはできません。そんなことをしたら人権侵害です。
義理や人情は、人間が生きていくには大切なことだと思います。しかし、政治には、あまりにも義理や人情による「しがらみ」が絡みすぎて政治をゆがめていることは、地方政治にかかわっておられる慶峰さんがよくご存じのところです。しがらみを振り払って政治に身を投げ出す娘さんの勇気は褒められていいと思います。

今日のご意見には賛成できませんでしたが、日頃の慶峰さんの、弱い者の立場に立った実践活動は、高く評価しております。
たまには違う意見を聴くのもいいのではないでしょうか。
【2010/06/03 10:46】 URL | カレエダ #-[ 編集]
カレエダさん おはようございます。
 予想通りのコメントをいただきました(笑)
いつも真剣に読んでいただいていることに感謝します。
 本田浩一氏応援の意味も込めて敢えて「言い過ぎ」の点があることは自認しています。
 その部分については、削除しました。
 またよろしくお願いします。
【2010/06/04 08:27】 URL | 藤井慶峰 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/995-db5dfc39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。