FC2ブログ
選挙戦を終えて・・・お疲れさまでした。
 25日投開票の宇城市議会議員選挙、流石に現職陣営は強かったと思います。
また、旧松橋町でも中心部よりも周辺の校区が強かったように感じます。

 小さい選挙ほど難しいと言われますが、その通りだと思います。
多くの家庭、人々が「しがらみ」が複雑に多く絡んでいますから1人の候補者に集中して投票できない。応援できないのが実情です。
 1人の候補者を応援するにしても「仁義」は通すべきところは通おさなければなりません。しかし、選挙は「戦(いくさ)」ですから候補者やその近親者ほど他者の「配慮」が見えなくなるものです。
 
 しかし、候補者も大変です。
選挙の前は支援者、地域、関係先への挨拶回りをしなければなりませんし、終わった後も同様に挨拶回りをしなければなりません。当落に関係なく、これをやっておかなければ次に繋がらなくなることが多いものです。

 当選後の挨拶回りはまだしも、落選後の挨拶回りはかなり辛いものがあります。
 私はどちらも経験しておりますが挨拶回りに言って「お礼の挨拶に来たのはあんただけばい」と言われたことがありましたが礼を尽くすことは大切です。

 逆に、陣中見舞いをしたり具体的に得票の支援をしたのに選挙後に何の言葉もなければ「非常識」とも言われましょうし「もう応援しない」と言われるでしょう。それが人情というものです。

 一生懸命に応援したのに関わらず中には「仇で返す」候補者もいるようですから世の中難しいものです(笑)

 最初の選挙が終わった時「もう二度とこんなきつい事はしたくない」と真剣に思いましたが・・・一度入ってしまうとなかなかやめられないのが政治の世界です。

 宇土市長選で当選した元松さんも「選挙がこんなにきついものだとは思いませんでした」と感想を語っていましたが本当にきついものです。

 走り回って体力を使うか、それとも金を使う?か・・・いずれにしても大変なのが選挙です。
 
宇城市議選の関係者の皆様、お疲れさまでした。

 
スポンサーサイト



【2010/04/28 01:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<誰の為、何の為にに政治家を目指すのか・・・ | ホーム | 悲しいお葬式・・・遺影に「何故?」問い掛ける>>
コメント
慶峰さんもお疲れ様でした。
市議選は身近な人が何人も出ておられるので選挙民も大変です。特定の人に肩入れできないのです。地域社会に何十年も住んでおればお世話になった人も親密な付き合いをしている人もあります。その中から何人も出られるのですから悩ましい。
一切のしがらみを振りほどいて、面識はないが見識と実行力があると思える人に投票してすっきりするほど人間は理性的にできていませんね。義理と人情も満足させないと人の心は安堵しません。市議選は実に悩ましい。

わが家では、前の晩に予備選をします。3票あるので、3位まで選んで手分けして入れます。これだと自分ひとりで1票入れるより、義理と人情も一応満たして、見識も人望もあり有能と思える人にも入れることができます。26も定数があるのですから、せめて1人に3票ずつ投票権を与えたら如何でしょうか。わが家は一家で9票持つことになります。義理と人情を満たした上に、見識と能力のありそうな人に何人も入れることができます。一人の候補に複数票は入れることはできないことにすれば、金も地盤もなくても、見識と能力ある人が選ばれる可能性は飛躍的に大きくなると思います。
地方議会選挙では、複数の投票権を与えるよう選挙法を改正したらいかがでしょうか。これなら慶さんはいつも当選確実です。民主党本部に選挙法の改正を提案して下さい。
【2010/04/29 05:47】 URL | カレエダ #-[ 編集]
 小さい選挙ほど難しいのが選挙です。
ご指摘の通り、皆それぞれしがらみがありますから、得票は候補者にとっては本当に難しいのです。
 国政選挙は、政党選挙ですからやり易いのです。
 市町村会議員選挙では、金で当選する議員も少なくはありません。従って、カレエダさんが主張される1人の候補者ではなく複数候補に投票する方法も一つの案でしょう。
 もうひとつは、候補者名を投票用紙に予め印刷しておいて議員にしたくない候補者には×を付ける。最高裁判所裁判官の国民審査の方法です。この方法だと、機械で簡単に読み取れますから×を多く付けられた候補者から順に落選することになります。
 この方法だと、「金」は使えないのでまともな議員が増加すると思います。
【2010/04/29 08:47】 URL | 藤井慶峰 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/974-f1845a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる