FC2ブログ
自殺をしてはいけない・・・こんな悲劇もあるのです。
 40歳の息子が妻子を残して自殺を図ったものの植物人間になり、1日10万円を超える医療費が残された家族を窮地に追い込む。
 看病と医療費負担に耐えられない家族・・・見かねた母親は我が子を殺害・・・。

 母親は殺人犯として裁判に・・・懲役3年執行猶予5年の判決。

 こんな悲劇を招くこともあります。

人がひとり死ぬと最低でも15人の人が悲しむ、影響を受けると言われています。

 人間は、必ず死にますが 生き遂げて死に切る生き方をしたいものです。

自殺で植物人間の息子を殺害母親に猶予刑
スポンサーサイト



【2010/04/23 07:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<悲しいお葬式・・・遺影に「何故?」問い掛ける | ホーム | ちょっといい話・・・このブログを読んでください。>>
コメント
こんばんは。
久々にコメントさせていただきます。

日本列島に寒波襲来。
5月間近、例年でしたら暖房器具を片付ける時節ですが、真冬の寒さにそれは据え置きといった今日この頃でございます。

さて
母親が吾が子を殺害した事件の記事を読ませていただきましたが、
一日10万円以上の医療費とは窮地に追い込まれ精神的に正常で居られなくなるのは
無理もないところと理解できます。
が・・・「長男の胸を包丁で4回刺して殺害した」とあっては想像しただけでもその残酷さに身震いいたします。
どんなことがあっても殺人は許されることではありませんが、
植物人間状態であれば、包丁で殺害しなくとも何か他の方法があったのでは?
と思った時、この母親の残酷さが許し難いものと厳しい気持ちになりました。

そして私は、この医療費が何とかならないものかとも思いを巡らしました。
一日10万、一ヶ月で300万・・・どう考えても一般庶民で支払える金額ではありません。
ここで藤井老師にお尋ねいたしますが、このような場合、特例として対処できる機関または方法は
無いものでしょうか!!!???

こんな窮地に追い込まれたら、まともな判断ができなくなるのはこの母親に限ったことではないのでは!?
そもそも息子さんの自殺を思い留めることが先決だったかもしれませんが、間に合いませんでしたね。
先日、自殺防止ネットワークボランティアで悩みの相に応じる電話相談の現実をテレビで放送しておりましたが、その電話はひっきりなしに掛かってきておりました。
この電話のアドバイスで自殺を思い留めた人も少なくないのではないかと思いを馳せた時、
このような仕事に携わっていらっしゃる方々に感謝の気持ちと尊敬の念が沸いてまいりました。

何とも痛ましい事件でしたが、自殺者が減少する社会づくり・・・潤滑な人間関係が保たれる世の中になってほしいと願うばかりです。
【2010/04/24 00:46】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
 この母親は追い込まれて正常な感覚ではなかったことは間違いありません。
 保険の適用除外は大きな問題だと思います。
【2010/04/29 13:40】 URL | 藤井慶峰 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/971-4fb79eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる