「宇土市長選挙の行方は?身を削る覚悟の・・・」(12月29日の本ブログ)コメントに対する見解
(この記事は、何故、元松さんを応援したかを明らかにするために内容を訂正して再度公開します)

 昨年12月29日のこのブログ「宇土市長選挙の行方は?身を削る覚悟のある人を応援します」に対して、今年2月3日に「坂本竜馬」という名前の方から下記のコメントを頂きました。
 ここに、このコメントに対する回答をここに表明します。

(坂本竜馬さんのコメント)原文のまま
「若さと勇気では市長は無理な話。あなたも民主党ならそんな事政治のいろはが違うのでは自民党に乗り換えたくなりました。民主党がモトマツ氏を推薦しているのか否か県本部に問うてみます。選挙は政策実行経験ではありませんか」

 ペンネーム坂本竜馬さんは、察するところ現職候補の支持者であろうと思います。
「若さと勇気では市長は無理な話」と言われますが、熊本市の幸山市長と元松さんは同じ1965年生まれの45歳です。
 幸山さんが37歳で熊本市長選挙に挑戦した時、私も異業種ネットワーク平成義塾熊本の仲間と共に応援しました。
今回の宇土市長選挙と同様に「選挙に行こう・投票に行こう」というキャンペーンをやりました。
その結果、あらゆる団体から推薦と応援を頂いておられた当時現職の三角市長を破って37歳という若さで見事当選されました。その後の仕事ぶりは見事なものです。

 私は、元松茂樹さんに幸山市長と同様に大きな期待をしています。
以下に、何故私が元松さんを応援するかについても書いておきましょう。
①民間企業で営業を経験してきただけのことがあって、「予算と時間の消費型公務員」ではなく「生産型公務員」だっ たということ。
②常に宇土市を良くする為にはどうしたらよいか?考えていること。そして、行動すること。
③45歳という年齢は丁度良い。(副市長に有能な人材を登用すれば益々仕事ができる)
④責任感があること。
⑤保身に走らず諫言する能力があることと自らが諫言された場合には聞く耳を持っていること。
⑥多くの市民が信頼していること。

 今、本市に必要なのは、責任感と清潔感を持った行動力と指導力のある市長であります。
 今回の選挙で元松さんが当選することによって、秋の市議選挙、来春の県議選挙が変わります。
その結果、宇土市が変わるのです。
 金権選挙をしなければならなかった人達も金を使わずに済むようになりますし、金がなくても有能で志がある人が立候補し当選を果たすことも充分可能になると思います。

 だから「宇土市再生を目指す選挙」だと私は言うのです。

   以上、コメントをいただいた坂本竜馬さんに対する回答と致します。
スポンサーサイト
【2010/04/06 08:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<第13回花祭りコンサートのお知らせ | ホーム | 宇土市長選挙関連記事についてお断り>>
コメント
先日(3/28)、コメントをさせていただきましたシドです。
今回のブログに対し、少し私の見解を述べさせていただきます。

坂本竜馬氏の「若さと勇気では市長は無理」という件ですが、その発言の真意が分かりません。
発言から察すると現職支持と思われますが、74歳の現職が助役2期、市長3期を務めた挙句がこの現状です。
普通に考えると、もういい加減にしてほしいというのが市民の声ではないでしょうか。

現職は前回の選挙から「定住と交流」という政策を掲げていますが、この4年間で何が変わりましたか?
中心市街地の商店街は疲弊し、人口も減少、隣接する熊本市、宇城市にはさまれ埋没しようとしているのではないでしょうか。
もし、現職に4期目を任せるようなことになれば、間違いなく宇土市は終わります。

藤井さんが言われているように、幸山熊本市長は30代で市長になられましたし、上天草市の川端市長も30代です。
宇土市に求められるものは、しがらみのない透明性のある市政です。
特定の業者や子飼いの職員が甘い汁を吸う今の状況を打破しなければなりません。

私は元松氏の可能性に賭けます!
【2010/04/03 00:44】 URL | シド #vrGck016[ 編集]
 シドさん、コメント有難うございます。
ご意見に賛成です。
 明日は、必ずや元松勝利の吉報を配信できると確信しています。
【2010/04/03 21:37】 URL | 藤井慶峰 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/941-34dd7656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる