FC2ブログ
郵政解散選挙以上の自公党に対する激しい逆風
 5日の午後、熊本市内の友人と電話で話す機会がありました。
彼は熊本一区の自民党候補を高校の先輩という立場で応援しているそうですがどこへ行っても自民党に対する激しい逆風を感じるそうです。
 前回は、夫婦で応援したそうですが、自公党の余りにも酷い政策に怒った奥様は応援しないそうです。

 自公両党は、民主党のマニフェストに対して「財源がない・・」と批判していましたが、自民党のマニフェストこそ、10年で所得を100万円増やすとか200万人の雇用を確保するとか、小学校入学までの幼児教育を無償化するとか「夢」みたいなことばかり並べているではありませんか。

 今の国民生活の疲弊を招いたのが誰だったのか、自公党が野党だったようなマニフェストです。
自分たちの失政を反省することもなく、又もや夢みたいな公約を掲げて国民を欺こうとするとは情けないとは思わないのでしょうか。

 「今度は野党になるのだから何を言っても責任はない」と言うことかもしれません。
 
 政治主導による予算の組み替え、特殊法人の見直しによって財源を捻出するという民主党を「財源の裏付けがない」と批判する自民党の公約を実現する為の財源は、赤字国債の発行と消費税の増税しかないようです。
 これ以上、国の借金を増やし続けることは無責任と言わざるを得ません。

 また、国民の所得格差が拡大し消費意欲が低迷しているこの時期の消費税の増税は益々国民の消費意欲を減退させ景気を後退させます。
 失業者、ホームレス、赤ちゃんから高齢者まで、低所得者ほど負担が重くのしかかる消費税の増税は正に高額所得者にしか目を向けない自民党らしい考え方です。

 連立を組む公明党は「国民の生活を守る」と言いながら国民生活を破壊してきた責任を感じないのでしょうか。それとも、与党にいたいだけのことなのでしょうか。

 公明党支持者の中にも、自民党と自民党と連立を組み、悪政に加担する公明党に対する怒りの声があることを公明党の先生方は知るべきです。

 今回の総選挙は、自民党の候補者にとっては本当に激しい逆風です。
それも、数の横暴によって、次々に悪政を強いてきた責任を問われるということでしょう。
スポンサーサイト



【2009/08/06 01:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<酒井法子さんの無事を祈る | ホーム | 植草一秀先生のご健勝を祈る。>>
コメント
政権与党に対しては公約よりも先ず過去の実績が問われなければならないと思います。過去4年間、世の中は良くなったかどうか。どう見ても良くなっていません。特に若い人々にとっては酷い世の中になってしまいました。4年前自民党は、子育て世代の支援を国家プロジェクトとして取り上げるといいました。私は大変いいことだと高く評価しました。しかし実質的には何も変わっていません。私は年寄りだから遠慮なく言いますが年寄りは優遇されすぎていると思います。高齢者は必ずしも経済的弱者ではないので適正な負担を求めるべきだと思います。老化を病気として治療している現状を放置するなら健康保険財政が破綻するのは当然です。若い世代の人々の努力が報われるような施策がおろそかにされてきたと私は思います。自民党は大変いいことも言います。しかしこの4年間の実績を見れば、もう国民は信用しないと思います。民主党には実績がありませんので、公約に期待するしかありません。自民党ではダメなことがはっきりしています。国家社会のガンになり果てています。このまま放置すれば日本の命取りになります。民主党に期待しています。
【2009/08/06 11:30】 URL | カレエダ #-[ 編集]
 コメントありがとうございます。
4区では、国民新党の松永真一氏を当選させるために頑張っております。
 比例区は民主党でお願いします。

 また、カレエダさんのブログで拙僧を取り上げていただき・・・どう言うべきか(笑)
私の信者さんが増えれば有難いことです。
【2009/08/07 00:09】 URL | 藤井慶峰(ふじい けいほう) #-[ 編集]
私のイメージを書いております。和尚さんの実像と異なるところがあるかもしれません。私の思い違いや勘違いがありましたら、コメント欄でご指摘いただければありがたく思います。間違いがあれば訂正いたします。よろしくお願いいたします。
【2009/08/07 09:59】 URL | カレエダ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/775-6580e4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる