FC2ブログ
朗読劇・・・地獄の12月
 昨夜は、熊本市総合女性センターで朗読劇「地獄のデッセンバー」を見ました。この劇は、日中戦争の悲劇、日本軍による南京大虐殺や中国戦線における日本軍の残虐行為を朗読劇にしてその罪の深さと中国の人々に対する謝罪の意味を込めたものであります。
 日中戦線で戦った日本軍の将校の息子と日本軍の物資を供給していた商人の娘が、それぞれ中国旅行に出かけて行き、悲惨な戦争体験をされた中国の人々との会話の中から、かつて日本軍が残虐非道の限りを尽くした事実を聞かされ、しかも、自分の父親が中国大陸で直接的に残虐行為を指揮したことに対する罪悪感と嫌悪感。また、その軍人達の為に物資を売って財を成した父親に対する罪悪感と嫌悪感から中国の人々に謝罪の意味を込めた劇でありました。
 私の父の教えで仏弟子となったひとりの男性がおりました。もう既に故人でありますが、私との会話の中で彼は「仏弟子となった今、戦時中に中国で中国人に対して自分が行った残虐行為を謝りたい。できることなら、中国へ行って土下座をして謝りたい」と話しておられました。
 彼は、戦時中の中国戦線で面白半分に中国人の首を軍刀で斬ったことを話して懺悔しておりました。「若気の至りで随分と残虐行為を行った」と話してくれました。
 私は、20歳の時、日中国交回復直後に日中友好北九州市青年の船で上海、天津、北京を半月間に渡って訪問したことがあります。
当時は「国賓扱い」でしたから北京の人民大会堂で開催された歓迎レセプションにも出席しました。(その後、日中友好書道展のレセプションにも招かれましたので人民大会堂で開催された国賓待遇のレセプションには二回参加しました)当時の、青年の船では「戦時中の話はしない」ということになっておりましたが、訪問先のお婆ちゃんとたまたま戦時中の話になりました。「私は、自分の子供たちと夫を日本軍に殺されました。とっても悲しく悔しい思いがします。あの時のことは今でも昨日のことのように覚えており日本軍が憎いです。でも、貴方達には責任はない。これからは、日本と中国は仲良くしなければいけません・・・」と話してくれました。
 この劇を見ながら中国で会ったお婆ちゃんの話を思い出して涙を流しました。
 私には、中国人、韓国人の友人がおります。彼らは「日本との間には不幸な時代があった。しかし、これからは、友好関係を築いていかなくてはならない。私は、その架け橋になりたいんです」と言います。
逆に、日本人の中に彼らのような考えを持っている人が何人いるでしょうか?残念ながら日本の若者にそれを望むことは無理なのだと思います。勿論、原因は日本の教育のあり方にあると思いますが・・・。
 これからは、地方に住む私達も世界的視野で物事を考え行動するべきではないでしょうか。
スポンサーサイト



【2006/12/21 00:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<政府税調 本間会長の辞任 | ホーム | 冬の空から>>
コメント
私は、20歳ぐらいのとき題は「人間の条件」だったと思いますが、昼食と夕食を持って10時間位映画を観たのを思い出しました
中国で日本軍が人を殺したり婦女暴行のとかやりたい放題の話です
日本軍が中国でした事をいまだ自慢げに話す老人(昔軍人だった)の話を聞くこともあります
一人殺して殺人罪になり100人殺して英雄になるなど聞いたことも有ります
戦争は、人間らしさを変えてしまいます
もう一度、広島、長崎の悲惨さを振り返り、また日本人も加害者だったことを知ってもらいたいと思います
【2006/12/21 19:29】 URL | うえちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/76-f1f87109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる