保育士採用試験で全盲保育士の受験を門前払い・・・大阪市・・(追記有り)
 大阪市が、保育士採用試験で受験申請した、私立保育園で働いている全盲の保育士の受験を拒否したそうです。
 「バリアフリー」と言いながら、こうして障害を持つ人たちを「拒否する」姿勢は、「差別体質」そのもにのです。
 わが町でも、人権教育をやっていながら職員が市民に対すパワーハラスメントをやったこともありました。
 上辺だけの人権学習しかやらないから平気でこういうことをやるのです。

 「点字の試験問題」を作成するのは、公共の場をバリアフリー化することと同様に行政の義務であります。
 「前例がない」、「全盲の保育士など聞いたことがない」などと「屁理屈」を並べる輩のレベルの低さには怒りを感じます。

 私は「障害者」という言葉は不適切と考えています。
その理由は、「障害」という言葉は「邪魔になる」、「障りがある」という意味ですから、本来なら「体の不自由な人」、「手が不自由な人」、「目が見えない人」と言うべきだと考えます。

 点字ブロックの上に自転車やバイクを止めたり、荷物を置いたりする、これこそが障害物であり置く人間こそが障害者なのです。

 一生懸命に頑張っている小山田さんの気望を無視し、生きる道を邪魔する大阪市こそが「本物の障害者」なのです。

 大阪市は、点字の試験問題を作成し、また、保育園で働いている小山田さんの仕事ぶりも点数に加味することを考えるべきです。

 保育士になる為に、全盲を乗り越え、短大を卒業して国家資格を取得したことは、誠に素晴らしいことだと思います。
 仕事ぶりも素晴らしいではありませんか?

 称賛に値します。

 大阪市の対応に注目したいと思います。


 全盲保育士を門前払い・・・大阪市
(追記)
 保育士の国家試験では、全盲の人であっても受験資格は認められています。
 憲法で保障されている職業選択の自由、国が認めている資格要件を無視して地方自治体が採用試験を実施することは許されないことだと考えます。だからこそ、マスコミも大阪市の対応を批判的に報道したのでありましょう。 

 「人手が要る」、「金がかかる」、「予算がない」というのは、行政の決まり文句です。もうひとつおまけに「やる気がない」のです。
 大阪市がそうとは言いませんが「裏金はあっても予算がない」ということも多いものです。
 私も30数年前に地元市役所の採用試験を受けたことがあります。
 優秀な同級生たちも受験しましたが皆不合格でした。
 合格発表の前に、檀家様にお邪魔していた父(前住職)の前で、遊びに来ていたその家の息子の友人が「今度、市役所に入ることになった・・・」と言ったそうです。
 父が「おかしいなぁ・・・合格発表はまだでしょう?」と言うと「もう、決まっています」と答えたということです。
 試験は、形だけで採用は情実で決まっていたということです。

 受験する人達は、一生懸命に勉強し努力し、まして遠方から来て受験する人達は、高い交通費と貴重な時間を使って来ているのです。
 正直者の努力を無駄にするようなことは決して許されないことです。

 受験資格に「コネと金のある者」と明記されていれば、最初から受験することはありませんでしたね(笑)
 (注)職員が皆情実採用ではないと思います。ごく一部だと思います。

 もし、大阪市が全盲の受験者の受験を拒否するのならば、最初から受験資格に明記しておくべきでしょう。
 受験申請があって、初めて全盲の受験者の存在を知り、拒否するというのは行政としての「怠慢」と言えないでしょうか。
 
保育士の国家試験受験資格
スポンサーサイト
【2009/07/11 08:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<政権交代への流れを誰も止めることはできない・・・都議選、奈良市長選の結果 | ホーム | 水俣病特措法成立>>
コメント
目が見えないのに頑張った!
この考え方こそが障碍者への差別ではないでしょうか?

また、障害者と障害物では使われ方が違います。
前者は"障害を受ける"という受け身の形で、後者は"障害を与える"という能動の形で使われます。
そのような言葉は障害以外にもいくらでもありますから、単なる言葉遊びに過ぎません。


8年間の実務経験とありますが、子供の監視は目に見える先生がいつも付いていました。
これは予算が潤沢な私立だからこそできたことです。
その私立の保育園でさえ、正規雇用はされなかったのに、公立でどうしろというのでしょうか?

待機児童への対応もままならない昨今の状況で、全盲の保育士1人のためにどれだけ予算と時間を注ぎ込んで環境を整えねばならないのでしょうか?


危機管理の面からも考えてみましょう。

預かるのは自分の体調を言葉で訴えることのできないような幼児です。

もし顔色が真っ青だったらどうしましょう?
また、子供がものを喉に詰まらせて"声が出せない"時、どうやって助けるのでしょう?

もっと大きく見れば、火事が起きた時、地震が起きた時、不審者が侵入してきた時…
そんな一分一秒を争う場面で、その先生は素早く判断を下せるのでしょうか?


パイロットや自衛官・警察官など、人の命を預かるような仕事で身体能力に制限をかけるのは"差別"ではなく"区別"です。

それを、全盲なのに受け入れろというのは、保育士という"人の命を預かる仕事"を軽んじていることに他ならないと思います。
【2009/07/08 15:26】 URL | #-[ 編集]
いつものことながら藤井老師の記事には教えられること多々ございます。

この記事を読ませて戴き、目の不自由な方が頑張っていらっしゃる姿に感激いたしました。
保育士の資格を取得するまでには計り知れない努力があったはず。
更に看護師の資格も取得しようとなさったその意気込みには敬服いたします。
それに比べ、受け入れを拒否した健常者の心の冷たさは、この保育士の情熱より遥かに劣るものと強く感じました。

「一生懸命頑張っている小山田さんの希望を無視し生きる道を邪魔する大阪市こそが『本物の障害者』なのです」
とありますが全くその通り、心の障害者であり計算的で卑劣に思います。

全盲の方が看護師に適正でなくれば募集の時点で明記すべきでした。
そこまで予測出来ずそれをしなかった大阪市としては、小山田さんに対し謝罪するべきですし、人権を著しく傷つけた責任は重大だと思います。

ハンディを乗り越えようと努力いていらっしゃる小山田さんと、明記を考えていなかった市の幹部との差には大きな開きがあります。
情実採用の言葉を目にしてからというもの、何をもって合格とするのかは興味のあるところです。
また、そのようなことが実際にあるとしたら、それに関わりのある人は犯罪者予備軍とでも言いたいくらいです。


それにいたしましても、全盲の方が保育士の資格を取得し仕事に就いていらっしゃるとは
初めて知りました。
さらに看護師の資格も取得しようと努力を重ねていらっしゃる。
五体満足でしかも無気力の私は、「疑似障害者」・・・ですね!!!???(苦笑)
【2009/07/11 22:08】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
たとえばの話ですが・・・
視覚障害者が、車の運転をすることは不可能だと思いますが・・・

障害者差別云々以前の問題だと思いますが。。。
重要なのは、保育士ではありません。

保育園に居る、こども達なのではないでしょうか??

【2009/07/14 15:47】 URL | N.A. #SHLDkvn6[ 編集]
それこそ子供が居ない人の机上の空論ですね。
【2009/07/18 21:27】 URL | #-[ 編集]
育児をした事が無い人の奇麗事だけではなく、具体的にどのように彼女のワガママによって危険に曝される子ども達を守る無駄な人件費を捻出すればいいのかも書いてもらいたいですね。
税金を遣われるのでは市民は納得しないでしょうね。
あなたが募金を募りますか?
それでも私財を投じますか?
何もできないですよね。
文句だけ言って具体的にどうするかは市任せなんですよね。
【2009/07/18 21:44】 URL | #-[ 編集]
こういうコメントをくださる方は、是非とも正体を明かしていただきたいものです。
現実に八年間も保育士として勤めていることが名実ともに彼女が保育士としての資格を具備していることの証明でしょう。
 問題があるのであれば、八年間の間に勤務している保育園を退職しているはずです。

 また、法律で受験資格を具備している人の受験を拒否することは違法と言わざるを得ません。
 反対意見を言われる方は、全盲の方が保育士として働くこと自体を否定しておられるようですが、現実に八年間勤めていることをどう考えられるのでしょう。
 また、私は「合格させて採用させるべき」と言っているわけではないのであって、「平等に受験機会を与えるべきだ」と言っているのです。
合否判定とは次元が異なる問題です。

 是非、正体を明らかにしてコメントをいただきますようお願いします。
【2009/07/19 01:25】 URL | 藤井慶峰(ふじい けいほう) #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/753-ba61552f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる