小沢代表の辞任は残念・・・自民党の大物議員は?国民は現実を見よう
 「国民生活第一の政治」を実現する為に頑張って来られた小沢代表が辞任を表明されました。
 検察官僚の「法の下の平等」に反する国策捜査・秘書逮捕という蛮行をマスゴミまでが一緒になって正当化し、民主党内の一部自民党議員をも動かして辞任に追い込んだということでしょうか。

 それにしても、自民党の二階氏や他の大物議員に対する検察の捜査が進まないのはどういうことなのでしょうか。
 小沢代表は、政治資金収支報告書に正しく記載していたのに秘書が逮捕されました。逆に二階氏は記載せずに隠匿していたのに誰も逮捕されていませんし捜査情報さえ伝わってきません。
 検察も地に堕ちたということなのでしょうか。
 「法の下の平等」が脅かされています。

 既得権益を死守したい自公党と一部の悪徳官僚、政財界のボス達がマスゴミを抱き込んで「政権交代阻止」を手段を選ばずに実行しています。
 民主党を支持する、国民の側に立った考えや行動をする政治家や学者達に対しても様々な手段を講じて封じ込めを図ろうとしています。
 小沢問題についても、マスコミは徹底した「小沢攻撃」を展開してきました。
その結果、世論調査で遂に麻生内閣の支持率が35パーセントという驚くべき数字が出ました。

 麻生の浅知恵政策の結果は、これから消費税の引き上げや様々な負担金の増加となって国民生活に重たく圧し掛かってきます。
 定額給付金の1万2千円は、消費支出に換算すれば消費税現行の5パーセントで24万円です。
恐らく、消費税率は10パーセントまでは引き上げられるでしょうから12万円の消費で「回収」できるのです。
 定額給付金は一度切りですが、消費税は一度上がったらずーっと続きますから、ガッポリと取られ続ける訳です。
 高速道路の通行料最高千円も二年間限りの政策ですからETCの普及と製造メーカー、国土交通省の天下り法人にガッポリ儲けさせたようなものです。そして、副産物として二酸化炭素の排出量を大幅に増大させたことは間違いありません。

 国民は、しっかりとこの現実をみなければなりません。

 私は「麻生の浅知恵」と言って自公党の選挙目当ての経済政策を批判していますが、正直言って、これからの我が国を考えると恐ろしくなります。

 麻生政権の支持率が上がるということは、如何にマスコミがマスゴミに堕落し偏向報道をやっているかということの証左であるのかもしれません。
 
 次の衆議院総選挙の結果は、政権交代して国民生活を守るのか、自民党中心の利権政治を温存して、自公両党と経済界、特権官僚の既得権益を守るのかの大きな分かれ目の選挙です。

 そのことを国民はしっかりと肝に銘じておくべきだと思います。

 
スポンサーサイト
【2009/05/12 02:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<民主党の新代表選び | ホーム | やすらぎ県民霊園からのお知らせ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/710-f2cce713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる