盗人猛々しい・AIGのボーナス支給
 経営破綻を防ぐ為に17兆円もの公的資金の注入を受けたアメリカのAIGが社員や役員に対して総額160億円ものボーナスを支給していたことが判り大問題になっています。
 盗人猛々しいとはこのことでしょう。
 本来ならば、自分の財産も投げ出すべき経営の責任者達が会社の救済の為の資金をぬけぬけと貰っている厚顔無恥な悪党です。
  我が国の金融機関も公的資金を注入して貰って救済されたのに貸し渋りや貸し剥がしをやってます。
 先ずは役員や社員の給与から削減するべきです。
本当に世の中不条理がまかり通るものですね。 
 「恥を知れ」と言いたいです。
スポンサーサイト
【2009/03/19 22:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<佐世保の説教から昨夜帰りました。 | ホーム | 闇サイト殺人犯に二人のみ死刑、一人は無期懲役の判決。>>
コメント
はじめまして
いの と申します。

私もそう思うのですが、

ただ、アメリカのマスコミも大統領も上級のお役人も同じく ダメと言っているし、そういう状況の時は、日本になぞらえると、その逆もありそうなので…

証券会社とか保険会社とかは、きっといろいろな部門を持っていると思うのですが、中でも、短期や中期間での株や先物などの売買部門もあると思います。

 そういう所には、やはり売り買いの才能のある人(トレーダー)がいて、株価が上がっても利益を出すし、下がっても利益を出す、値さやを抜いている一群の人たちがいます。
 そういう人たちは、特殊な才能をいかして、何億と稼いで会社に貢献するかわりに、稼いだ額の1/3とか半分を報酬でもらう契約をしていると聞きます。
 10億稼いで会社の収益にしたので、5億をもらう…という形で、
野球のメジャーリーグの選手のような金額をもらうのです。

 確かに、会社全体は赤字です。
しかし、彼らは会社の利益を稼いでいます。部門的に見れば、彼らには契約的に報いてやるのが筋でしょう。

 しかし、そのお金は…という難しい問題になってしまっているのです。
 私的には、
赤字を出した部門の人件費をカットした分から彼ら貢献者に、報酬を回すのが筋だと思います。
 稼ぐ才能に 嫉妬すれば社会主義になってしまいます。
 人は思わぬ 大きな才能を天から贈られている場合があります。
 たとえそれが、一日単位とか1時間単位での売り買いの才能であっても…

 というわけで、
私としては、オバマ大統領には、もう一歩踏み込んでもらいたかったです。
 会社の赤字を出した部門の報酬カットとからの捻出の形を取るべきである。
そのためには、まず社長や役員の報酬は、実質の倒産とみなして、ゼロ。
その上で、部門的に超黒字だった社員に報いるのなら、よろしい…と。
 社長と役員には、国からの資金注入の事態の責任をとっていただくのは、当然と思います。
【2009/03/24 08:06】 URL | いの #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/674-b57d5764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる