FC2ブログ
地域福祉を考える懇親会・宇城親の会
 昨夜は、午後6時半から宇城市松橋町の料亭で、宇城地区の知的障害を持つ人達やそのご家族、作業所や作業所の支援員、行政の福祉担当者、支援者の懇親会ありました。
 この会は、毎年この時期に開催されていますが、私は議員時代からご招待をいただき、今回で7回目でありました。
 1年に一度だけお会いする方たちが殆どですが親しく談笑できることが楽しみでもあります。
 参加者は、約50名程度。会が盛り上がっていくと知的障害を持つ子供たちがカラオケで歌ったり、幼い子ども達は参加者と遊んだりしてとても賑やかです。
 私にもダウン症の男の子が抱きついてきて膝の上に座ってくれました。
 とっても可愛いいものです。「僕はいくつかな」と訊くと「5歳」とかわいい口調で答えてくれました。
 隣の席に座っておられた作業所の女性施設長さんが「えーっ・・はじめてでしょう?」その初対面の坊やが(人相の悪い?)私に抱きついて甘える姿に驚いた様子でした。
 子供は本当に可愛いものです。
 この人たちの為に微力ながらお手伝いをさせていただきたいと改めて決意しました。

 議員時代、小泉改革のひとつとして、「障害者自立支援法」という「自立阻害法・悪法」が成立しました。
 まだ、その法案が審議されている時に、「障害者自立支援法の慎重審議を求める意見書」を作成し、宇土市の障害者友の会の会長をしておられた先輩議員に発議議員に加わってもらって、連名で議会に提出し、全会一致で可決し、内閣総理大臣と厚生労働大臣宛てに送られました。
 様々な障害を持つ人達には、公的にも私的にも支援が必要なのです。
 みんなで支え合ってこそ棲み良い社会が形成されるのです。
スポンサーサイト



【2009/02/28 08:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<旅たちの春 | ホーム | 竹原信一阿久根市長、阿久根市市長他全職員給与を公開>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/656-80e1eac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる