早くも二月、皆さん頑張りましょう。
 昨日は、長崎県国見町のお寺さんの法要のお説教に行きました。
熊本港からのフェリーは、時化で波が高く、久しぶりに大揺れで船に弱い人は船酔いしてしまいそうでした。また、一階車両甲板の車はかなりの海水を被っていました。
 気温が比較的に高かったので強風もさほど寒さは感じなかったのは幸いでした。

 さあ、今日からいよいよ如月、お釈迦さまが亡くなられた15日のお涅槃の日が参ります。
 二月は「逃げ月」と言われるように、アッと言う間に過ぎ去ってしまいます。
 皆さん、頑張りましょう。

 今日は、午前11時から熊本市上林町(並木坂)の宗岳寺様の節分会大般若祈祷法要です。
11時から、国立療養所菊池恵楓園の杉野桂子さんが「ハンセン病問題の現状と課題」として講演されます。
 杉野さんは、療養所自治会の機関誌「菊池野」の編集者です。
 講演終了後、法要です。
 私は、講演のお世話と法要のお手伝いをさせていただきます。

宗岳寺節分大般若法要と講演会
スポンサーサイト
【2009/02/01 07:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<簡保の宿、わずか一万円で売却も・・・郵政民営化の狙い。(追記) | ホーム | 日本は本当に「先進国」なのか?>>
コメント
こんばんは。

今日は一足早く涅槃会に因む講義を受講して参りました。

一昨年の1月13日は亡き母のお通夜。
仏遺教経読誦の折には、少欲知足に生きた母の人生がお経に重なり、滝の如く溢れる涙を拭いもせず法要に座しておりましたが、今日はその当時を懐かしく思い出しながら講義を拝聴しておりました。

人間は動物でも植物でも・・・生きていくためには他者のいのちを戴かなければ生きていけない。悪戯に命を絶たず感謝をして食べる供養の心を持たなければならないと強く感じて帰宅いたしました。

涅槃・・・亡き人の生き方を手本に生きることが即ち供養の意義となるのでしょうか?
人の命、動物、植物の命に感謝して生きることは、法に適った生き方といえましょうか?
【2009/02/02 21:54】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
> こんばんは。
>
> 今日は一足早く涅槃会に因む講義を受講して参りました。
>
> 一昨年の1月13日は亡き母のお通夜。
> 仏遺教経読誦の折には、少欲知足に生きた母の人生がお経に重なり、滝の如く溢れる涙を拭いもせず法要に座しておりましたが、今日はその当時を懐かしく思い出しながら講義を拝聴しておりました。
>
> 人間は動物でも植物でも・・・生きていくためには他者のいのちを戴かなければ生きていけない。悪戯に命を絶たず感謝をして食べる供養の心を持たなければならないと強く感じて帰宅いたしました。
>
> 涅槃・・・亡き人の生き方を手本に生きることが即ち供養の意義となるのでしょうか?

 奈良先生の講義を直に拝聴できることは幸せなことだと思いますね。
 素晴らしい生き方、尊敬できる生き方をした人は手本になりますし、そうすることが故人が生き続けていくことにもなると思います。
 手本にすることは、いつでも思い慕うことでもありますから供養としても素晴らしいことです。
 「手を合わせ 眼を閉じて 好き人と 思い思われ 今は懐かし」貞心尼

> 人の命、動物、植物の命に感謝して生きることは、法に適った生き方といえましょうか?
 人間は、一人で生まれて来た訳でもありませんし、一人で生きていける社会でもありません。
地球上に生命が誕生してから一度として絶えることのない命を頂いて生かさせていただいています。
 また、多くの命を頂いて生きておりますから、当然、感謝の心を持たなくてはいけないと思います。
 感謝の心を持たない人間は、支え合って生きる人間の生き方が出来ませんから人足り得ないのではないでしょうか。
 「飽食暖衣 逸居して 学ばざるは 即ち 禽獣に近し」孟子
 今の社会は、飽食を求め、或は 楽をしようと 手抜きしますから 間違いだらけの人間が育ちますね。困ったことです。
 
【2009/02/03 09:50】 URL | 藤井慶峰(ふじい けいほう) #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/634-035e99fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる