FC2ブログ
篤姫と小松帯刀の生き様に学ぶ
 NHKの大河ドラマ「篤姫」が終わり、少々さびしさを感じております。
丁度、友人から「竜馬を超えた男・小松帯刀」(鹿児島大学教授原口泉著・グラフ社刊)を薦められて読んでいました。
 ドラマの篤姫と帯刀、二人に共通する人間愛と先見性、求心力には学ぶべきものが多々ありました。
 一方、この本には帯刀が薩摩藩の家老として、西郷や大久保ら下級武士たちをまとめ明治維新へ進んでいく姿が描かれており、いかに帯刀の果たした役割が重大であったかが分かります。
 帯刀は、薩英戦争の戦後処理を速やかに済ませ薩摩の若者20数名を英国に留学させました。   その若者たちが明治維新とその後の日本をリードしていくことになったのです。

 また、坂本竜馬や西郷隆盛、大久保利通、長州の木戸孝允、高杉晋作など表舞台で活躍した維新の志士たちを支えたひとりが小松帯刀であったことにも驚きと感銘を受けました。
 是非、読んでいただきたい本です。

 さて、昨夜の最終回で篤姫が49年の生涯を閉じたのですが、その葬列には一万人もの人々が沿道で別れを告げたと解説されました。
 明治新政府軍の江戸城総攻撃を思い止まらせ江戸城下を戦火から守り抜き、人々を救った篤姫の功績と慈悲深く飾らない人柄に対する敬慕の念を抱く人は多かったことでしょう。
 私も、すっかり篤姫と帯刀のファンになってしまいました。

 帯刀は本妻お近と京都の妻お琴の看病を受けながら36歳の若さで亡くなりますが、短い人生を一気に走り抜けたその功績は前述の通り計り知れないものがあると思います。
 
 歴史に「もし」はありませんが、帯刀が後10年生きていたら最後の内戦、西南戦争は起きなかったのではないかと思います。
 また、「八紘一宇」を掲げて覇権主義を進めた大日本帝国とは違う日本という国の姿があったのかもしれません。

 また、篤姫と帯刀の生き方には、現代の政治家が学ぶべき「慈悲と無私の精神」があると思います。
スポンサーサイト



【2008/12/15 09:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<自民党古賀誠選対本部長の公明切り発言の真意は | ホーム | 沖縄行きの青い海の上で思った・・・特攻隊員の思い(追記あり)>>
コメント
「篤姫」・・・とうとう最終回を迎えてしまいました。
毎週毎週この時間を楽しみにしておりましたが、私も藤井老師同様少々寂しさを感じております。

実母との再会、帯刀様の死を悼むシーンなど涙!涙!涙の最終回でした。

歴史的にも日本が大きく変わる激動の時代、天璋院様の先を見据えた先見性と駆け引きのない純真さ、そして相手を思う慈悲心とが難しい時代を生き抜く原動力となっていたのではないでしょうか?

若い女性の視聴率もかなりのものがあったようですが、幕末の混迷の時代に引き劣らない現代、世の女性は力強く行き抜いた天璋院様を理想的な女性像として憧れながらテレビを観ていたことと思います。

「篤姫」は正に生き方のお手本を示して下さったようなドラマでした。
【2008/12/16 21:58】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
久しぶりに感動しながら見続けた大河ドラマでした。脚本の言葉の力が、一貫してドラマに緊張感を与えたからだと思っています。篤姫を中心にしてまわりの役者が精一杯盛り立てていましたね。最終回はドラマが終わるのがさびしく感じました。史実の正否は別として素晴らしいドラマだったと思います。
【2008/12/17 07:17】 URL | 紹山 #-[ 編集]
コメント有難うございます。
本当に素晴らしいドラマでしたね。
帯刀と篤姫の生き方に学びたいものです。
【2008/12/17 08:50】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/595-349ea1a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる