FC2ブログ
いよいよ師走・・・大変な社会状況になって来ました。
 本当に月日が経つのは早いものですね、もう師走です。
今月は、私にとっては当に師走らしい月です。
 今日は15時から熊本市の城北小学校の先生方の人権学習(ハンセン病について)でした。
 明日の午後から明後日午後まで、那覇市で九州教誨師施設研修会に参加します。
 3日は、熊本空港から熊本市のパレアホールに直行して、人権フォーラム(部落解放県民共闘会議主催)に出席します。
 4日は、拙寺の成道会の準備。
 5日は、天草市五和町の潮音寺様の成道会法要説教。
 6日は、拙寺の成道会法要。 午後3時より民主党政治塾(レンガヒル熊本)
 7日は、法事その他。午後2時より環境ネットワーク熊本総会(熊本学園大学)
 8日は、雲仙市の常春寺様の成道会法要説教。
 9日の午前中、地元朗人会(老人会)の講話。夕方5時半より教誨師会例会・忘年会(熊本市)
 10日は、小国町の瑞龍寺様の成道会法要説教と多忙です。
 お葬式でお坊さんが忙しいのは、余り良いことではありませんが説教や講演で呼んでいただくことは有り難いことです。
 檀家様には、「私が説教に出る時は決して死んではいけない。無理でも帰ってくるまで待ちなさい(笑)」と言っておりますのでもう今年は誰も亡くならないと確信していますが・・・。

 話は変わりますが、本当に大変な経済情勢、社会情勢になってきました。
非正規雇用の人たちだけではなく正規雇用の人たちまでリストラの嵐が吹き始めています。
自動車・IT関連企業の生産縮小によって全業種・下請けに大きな影響が出ています。
 来春大学卒業予定の学生は、内定取消も相次ぎ就職難は酷くなるばかりです。
 こんな状況にあっても、二次補正予算案を提出しない麻生内閣、国民のことを考えているのか?と怒りが込み上げてきます。
 総選挙を先延ばしにしても支持率が上ることはないと思って、できるだけ長く、総理の座にしがみつきたいだけのことだと思いますが、そうなると、いよいよ「自民党最後の内閣、最後の総理大臣」が現実味を帯びてきました。
 この頃は、何処へ行っても麻生批判、政府批判を耳にします。
 良識のある自民党議員は、今の内に離党して政界再編に政治生命を賭けた方が生き延びれるかもしれません。
 国民の為にならないと思ったら勇気を持って諫言するのが本当の政治家だと思います。
スポンサーサイト



【2008/12/01 23:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<植木町の住民投票、法定協設置賛成が6割 | ホーム | 映画「まぼろしの邪馬台国」をご覧ください。>>
コメント
師走・・・昔の人はよく言ったものですね!?
僧侶が忙しく走り回る・・・正に藤井老師のこのスケジュールは語源そのもののようです。

11月30日~翌日は12月。
たった一日で気忙しさが一気にアップいたします。
多くの人の会話の中にも「師走」の言葉が使われ、忙しさ、また一年の短さを頻りに訴えます。

人間の心理とは微妙なものですね。

年賀状、お歳暮、大掃除は日本の師走の代表的な慣習ですが、日本人ならではの素晴らしい感性豊かな慣習ではないかと、先人の心遣いに敬服いたします。

新たな年を迎える節目として、今年一年のの己の総決算を形に表すのが年賀状でありお歳暮であり大掃除ではないかと思います。

心を伝えると言う意味からは、メールなどの現代的なものでも良いと思いますが、葉書に書けば感動は増すのではないでしょうか?
お歳暮も単なる品物のやり取りに留まらず、心をお届けしたいものですが!?

ブログタイトル
「いよいよ師走・・・大変な社会状況になって来ました」

政治的なことは苦手なものですから適切なコメントはしかねますが、今現在の行政は、政治家、官僚の改革意欲、改革意識には疑問だらけですので期待は持っておりません。
希望はありますが期待出来ないことがとても残念でなりません。
更に、救世主のような人物が現れ世の中が急転回してくれることを願っております。


【2008/12/02 23:24】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
 コメント有難うございます。
 なかなか救世主は現れないでしょうね。
 簡単には解決できない問題ばかりですから。
 歴史的に見れば、世界がこんな経済状況になった時には、必ずと言って良いほど「戦争」が起きています。
 戦争で軍需特需を得、破壊された都市の復興で金儲けをしようという死の商人とその手先の政治家どもは狙っているかもしれません。
 しかし、絶対に戦争はしてはならないし阻止しなければなりません。
【2008/12/04 08:01】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/583-fbc098ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる