大多数の国民を馬鹿にした麻生総理の政治姿勢
 26日に、麻生総理大臣は首相就任後初めて秋葉原に出かけて街頭演説を行ったそうです。
ところが、その場でまたまたとんでもない発言をやらかしたとか・・・。
「〇鹿につける薬はない」とはよく言ったものです。
こんな馬〇総理を担ぎ出した自公連立政権の象徴でもあります。

 問題の発言は、派遣社員や非正規雇用の人達を「食いっぱぐれしそうな顔をしている」とか、「女性から結婚の対象として見てもらえない」とか、非正規労働者に対する差別発言をした後、再び「やっぱり女性が結婚する相手が食いっぱぐれしそうな顔をしていると、なかなか結婚したくないよ・・・女性にも選ぶ権利がある。稼ぎが悪そうな非正規社員より稼ぎが良い方が良いに決まっている」と非正規雇用や派遣労働をしている人達を軽蔑し差別する発言をしたのです。
 この問題発言は、子供達から大人まで非正規雇用や派遣労働で働いている人たちに対する「差別意識」を植え付け偏見と差別を助長するものであります。

 こんな馬○鹿を総理大臣にした自公国会議員には重大な責任があると思います。

 誰が好き好んで非正規雇用を選んでいますか?
 誰が好き好んで派遣労働を選んでいますか?
 誰が好んで貧しい生活を選んでいますか?
 誰だって、正規雇用を望んでいる、豊かでなくても普通の生活がしたいのにそれができないんでしょう。
 こんな社会の仕組みを作ったのが小泉純一郎と竹中平蔵、そして 安部晋三のアメリカボケした○鹿でしょうが。
 それを支えてきたのが自公の国会議員であり閣僚として支えてきた麻生太郎現総理ではありませんか。

 自らの失政で生まれた非正規労働者・派遣労働者・ワーキングプアと言われる人達を軽蔑する発言は決して許されるものではないと思います。

 解散総選挙を先送りにして「経済政策優先。10兆円の公的資金の導入・・・」大多数の国民は、多額の貯蓄も株も持っていません。「銀行が潰れると国民が困る・・・」多額の貯蓄をしている人はそうでしょう。しかし、それこそ「自己責任」であります。
 銀行は、相変わらず「貸し渋り・貸し剥がし」を続けています。中小企業を応援できないような金融機関は不要でしょう。

 一般庶民に対する救済政策は、僅か2兆円ですよ。
 そして、その後は消費税の値上げが待っているのです。

 自公政権の失政によってワーキングプアとなった人々こそ救済すべきではないでしょうか?
今の自公政権と民主党のマニフェストとは、一部の金持ちだけの政治をするのか、大多数の国民の為の政策をするのかはっきりと立場が違うことが分かります。

 麻生お坊ちゃまには「かくれんぼして隠れていて欲しい」と怒りまくった秋葉原の麻生差別発言でした。
スポンサーサイト
【2008/10/28 08:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<定額減税は選挙目当てのバラ撒き | ホーム | 深まり行く秋の気配に命を思う>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/555-142ef654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる