FC2ブログ
中山国土交通大臣の暴言は民主党に対する自爆テロ・・・甘く見てはいけない。
 昨日の、臨時国会に於ける麻生総理の所信表明演説は総選挙を意識した「民主党攻撃」の為の演説で、総理大臣の演説とは思えない評価するに値しない内容でした。

 しかし、この演説は、中山暴言と連携した選挙目当ての自民党の作戦ではないかと思います。

 自民党は、麻生総理の秋葉人気と世論調査でも、総理大臣に相応しいのは麻生太郎か小沢一郎か?という質問に対して50パーセントの回答者が「麻生」と答えていることや、国民生活を破壊した小泉元総理の人気が未だに落ちないことを見て、「民主党を徹底的に攻撃する方が有利に働く」と考えたのでしょう。

 自民党は「大多数の国民は無知で、デマでも嘘でも本気にする」つまり「騙せる」と考えているのです。
 中山国土交通大臣が、日教組を批判し、大阪府(大阪市)の職員組合と市長の関係を「癒着していたからヤミ給与があった。財政危機に陥った」と誹謗中傷し、それを民主党と無理やりに結びつけて「民主党が政権を取ればそうなる・・・」と暴言を吐き、民主党攻撃をすることによってマスコミが大々的に取り上げることを想定してのしっかりと練り上げられた作戦だったと考えるのは考え過ぎでしょうか?

 現に、中山氏のところには数多くの激励の電話が掛かって来ているそうです。
 偏見や差別は、多くの場合、間違った情報や風評によって起こります。
 また、政府の政策が間違っていても殆どの国民はそれを「正しい」と理解するものです。
 ハンセン病問題の場合も、間違った情報と風評、そして、国が「無らい県運動」や「隔離政策」などの非人道的な差別政策を行ってきた結果、国民に対して、偏見を植え付け差別を助長し続けたのです。

 このような、国民性を利用したのが今回の中山暴言であり麻生総理の演説であったと思います。
中山国交大臣は、辞任覚悟の民主党に対する「自爆テロ」を行ったのです。

 私は、今回の「中山暴言」を「自民党にマイナス」と考えてはいけない。
 決して甘く見てはいけないと思います。
 
スポンサーサイト



【2008/09/30 02:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<国会の代表質問・・・小沢代表次期政権構想を示す | ホーム | 国土交通大臣・・中山成彬(宮崎一区・衆議院議員)東大卒の大馬○>>
コメント
こんばんは。コメントを入れるのは久しぶりです。今日は、少し長いコメントを入れさせていただきます。慶峰さんは民主党の幹部ですから言い甲斐があります。

私は、ずーっと自民党を支持してきました。そのことは間違っていなかったと思っています。戦後の日本社会の繁栄と発展に果たした自民党の役割は大きく、その功績は称えらるべきものだと思います。もし社会党が政権を取り続けていたらこのような繁栄はなかったと思われます。以前の中国や東欧諸国、北朝鮮などの社会主義国のありようを見れば明らかです。
しかし、もう自民党は社会的使命を終えたと思います。現在では政官民が癒着し、合法的に甘い汁を吸う利権構造が出来上がっています。この利権構造は日本社会のガンであり、日本社会に広く巣くっているようです。汚染米の問題も根は利権構造にあると思われます。あまりにも多い中間業者の存在は、合法的に甘い汁を吸う利権構造そのものであり、国が認めてきたものです。今回は汚染米が食用に流れたから問題になっていますが、流通システムそのものが問題だと思います。事故米が食用に流れていたことも官僚は知っていたと思われます。払い下げた事故米の量と工業用に使われた米の量が大きく食い違うのですから途中でどうかなっているというのは誰が見ても明らかなことです。黙認していたとしか思えません。

この5年間で自民党では改革はできないことがはっきりしました。自分自身が利権構造に組み込まれているのですから身を切る覚悟がなければできません。
きのう国交相を辞任した中山議員は、はじめ行革担当大臣を依頼され断ったそうです。「自分は公務員の出身であり、妻もそうであり息子も公務員である。この私が公務員改革をできるわけがない」大変正直な話であり象徴的な話です。この話で私は思い出しました。
日清戦争の前、薩摩出身の山本権兵衛は、海軍省の大リストラを断行、96人もの将官を首にした。当時の海軍は薩の海軍といわれるほど、薩摩人であるというだけで高位についているものが多くこれらを除いて新技術を身につけた有能な若者を登用しなければ戦いには勝てないと考えたのです。お国のために同僚や先輩を首にしたのです。もちろん恩給と勲章は与えました。

中山前国交相は私情を優先しています。山本権兵衛は、私情を捨て公益のために命をかけたのです。明治人の気概を今の政治家のどれほどが持っているでしょうか。

中山国交相の辞任のもとになった発言は、立場と場合は不適切だったでしょうが、内容は基本的には正しいと思います。《公のためにある程度は自分を犠牲にするという公共の精神に欠け、自分さえよければいいという風潮がありこれは戦後教育のせいだ》という趣旨は正しいと思います。日教組が道徳教育に反対してきたことも批判していますが、これもそのとおりだと思います。事実と違うことがあれば当事者が抗議すれば済むことであって大問題にすることではないと私は思います。民主党は、これまでの日教組の活動を肯定しているのでしょうか。

どんな政党でも長い間政権の座にあれば腐敗します。長い間自民党が政権を執り続けたのは、長い間国民の支持を得られなかった野党の責任でもあります。自民党は屋台骨が腐っています。どんなにいいことを言っても、その政策の実行段階で公金が駄々漏れしています。自民党から政権をはぎ取らなければ政治改革はできません。
民主党にはこの上もなく有利な状況になっています。これで政権が取れなかったら、党を解体して出直すべきだと思います。社会主義者も自由主義者もひっくるめて1つの政党を名乗るのは偽装ではないかと不信感を持っている人が多いのではないでしょうか。

なにはともあれ、まずは民主党に政権を取ってもらい、政官民癒着構造をぶっ壊してもらいたいものです。民主党が政権を取っても長くは続かないのではないかと思います。外交、防衛、憲法についての基本理念が異なるグループの集まりですから、政権運営上、抜き差しならぬ対立が生じるのは避けられないと思われます。そのとき自民党も割れて政界再編が行われることを期待しています。自民党にも利権構造とは無関係な人もいます。

【2008/09/30 21:42】 URL | カレエダ #-[ 編集]
 カレエダさんお久しぶりです。このごろは、ホームページの制作で中々上手くいかなくて苦労して人のブログを見ていません。
 私は、今の官僚機構と税制を抜本的に改革して地方が主権を持つ政治体制に変えないとこの国は救えないと思います。
 今は、国が地方に対して「地方交付税」や「ひも付きの補助金」として官僚が支配して交付していますからどうしても中央集権制度から地方主権への移行が進みません。
 政治家は、選挙区に予算を取ってくる為には官僚に気を使わざるを得ません。地方は、予算を取ってくる議員が良い議員として扱います。
 官僚と与党議員は持ち津つ持たれつの関係だと思います。
 業者も予算を取ってくる議員には利益供与は当然の如く行ってきました。その結果が、借金大国です。
 民主党が全て良いとは思いませんが、是までの自民党支配と官僚支配を解体しなければならないと考えています。
 そして、徹底的に税金の無駄遣いをなくし、低所得者層や福祉の手当てが必要な人々、疲弊している地方へ予算を回すべきだと思います。
 議員報酬も定数も減らすことは充分可能です。
 これは、地方でも定数と議員報酬を半分に減らすぐらいのことをするべきです。そうすれば、金で選挙をする議員は減り、本当に能力のある有権者が必要とする政治家だけが残っていくと思います。
【2008/09/30 22:44】 URL | 藤井 #-[ 編集]
上の欄で仰っていることには同感です。
私も、外交と防衛以外は地方分権した方がいいと思っています。その方が住民の目が届くと思います。官僚主導で世の中が動くのは良くないですね。そのためには有能な政治家を選ばねばなりませんね。無能な世襲議員が増えています。このことについて今書きつつあります。お暇な時に目を通してください。ご意見を期待しています。
【2008/10/01 00:41】 URL | カレエダ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/539-1250c9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる