三笠フーズ事故米問題・・・何処まで広がるのか・・良心を侵された経営者達
 三笠フーズの事故米不正転売事件が拡大し続けています。
買い取った業者は377社にまで上ったと報道されていました。

 病院や保育園、老人施設にまで食用として使われていたと言うことです。
焼酎や酒、お菓子や餅、煎餅など・・ありとあらゆる処に事故米は「食用米」として流通していたということですから、三笠フーズの社長や共犯者達の責任は重大です。
 また、この実態を把握できていなかった農水省も責任を免れないでしょう。

 他人の生命を危険に曝してでも金儲けをしようとする人間の浅ましさ、欲深さには呆れるばかりですがこの人間達の愚かさにも呆れます。

 「天知る 地知る 人ぞ知る(我知る 汝知る)」
 こういう詐欺行為が白日の下になった時の結果が取り返しのつかないことになるということが分からなかったのでしょうか?
 余りにも愚か過ぎます。

 中国でも、欲に眩んだ大馬鹿者が乳児用の粉ミルクにメラミンを混入させて販売し、犠牲者を出し逮捕されました。
 中国の法律では、おそらく死刑になるでしょう。彼らも愚か過ぎます。

 人間の欲というものは、真に限りなくその欲に眩む人間は真に愚かです。

 
スポンサーサイト
【2008/09/17 01:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<リーマンブラザーズの経営破たんは人類への警告 | ホーム | 三笠フーズ事故米不正問題に太田農林水産大臣またまた暴言>>
コメント
昔から「馬鹿に付ける薬は無い」
と言いますが、無いからと言って野放し状態にしてはおくことは
許させるものではありません!

社会の秩序を乱し、人々を恐怖に陥れた罪は重大です。
敢えて言わせて戴けば
その薬とは「厳罰」・・・特効薬となるに違いありません。
情状酌量の余地は全くないと思います。
事の重大さを自覚して貰うためにも厳しい措置を願うものであります。

かつて日本人は「勤勉実直」の世界的なレッテルを貼られておりました。
そんな名誉な言葉も死語に近い今日、この言葉を取り戻すには
何が必要なのでしょうか?

日本人は古来から農耕民族でした。
生活様式の欧米化により合理化が進み、その面影は薄くなってきておりますが
100年、200年でその血が絶えるとは考えられません。
まだまだ農耕民族の血は色濃く流れている筈です。
太陽の恵みに感謝し、今在る自分はご先祖様のお陰と省みることが出来る時
日本人に「勤勉実直」のレッテルが戻るのでしょうね???

農耕民族の血は、頭で利害関係を計算し合理性を追求することより、
肉体労働を為して得た尊い収穫に慶びを感じ、満足を得ることを好みます。
一日も早く清らかな日本人の精神的美徳が戻る事を念じて止みません。


【2008/09/18 00:19】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/527-9ce84497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる