人を殺す気になったら自ら腹を切れ・・・臆病者達へ・・・八王子通り魔事件
 少々乱暴なことを書きます。

 22日、午後9時40分頃、東京都八王子市の京王線八王子駅の駅ビルで無差別殺人を犯す通り魔事件が発生し、大学を来春卒業予定の娘さんが殺害されもう1人の女性も切り付けられて負傷しました。
 犠牲になられた娘さんの悔しさ無念さ悲しみを思うと私も悲しくて悔しくてなりません。
ご冥福をお祈りすることしかできないことも悲しいし悔しいです。

 無関係な人を、身勝手に切りつけ、殺害するという行為はどんな理由があろうとも許すことはできません。卑劣極まりない犯罪です。
 私は、熊本刑務所で服役囚を相手に更生を促す教誨師をしておりますが、最近の犯罪者の特徴が「身勝手」「独りよがり」の者が多いことです。
 「被害者がそこに居たのが悪い」と平気で嘯く輩も多いものです。
 このような身勝手な連中は税金を使って養う価値はないと思います。税金の無駄使いです。
 教誨師が発言することではないかも知れませんがこのような輩はなかなか本気で反省し更生することを知りません。
 八王子通り魔事件の犯人菅野昭一(33)も「殺す相手は、誰でも良かった」と無差別殺人であったことを証言しています。
 また、先月、秋葉原で無差別殺人を起した男も同じことを言っていました。
そして、どちらにも共通する事が「新聞やテレビ、ニュースに載りたかった。世間を騒がせたかった」ということです。
 彼らの身勝手さには怒りが込み上げてきます。

 私は、こういう事件を起す臆病者達に「人を殺す前に自ら腹を切れ」と言いたいです。
 自ら腹を切ったなら、同情してくれる人もいるでしょう。
無差別殺人をやったり、凶悪犯罪をやった輩は、恥曝しで親にも兄弟や親戚ご先祖様にも顔向けもできず申し訳ないはずです。
家族や親戚まで後ろ指を刺され、惨めな生活を送らなければならなくなるのです。

 再度、言いましょう。人殺しをしようと思ったら腹を切れと。そして、後世に恥をさらすなと。
スポンサーサイト
【2008/07/24 01:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<大分県教委汚職事件・・矢野容疑者の娘が自主退職・・親の間違った愛が不幸に・・・ | ホーム | 大分合同新聞社の職員も便宜依頼・・・大分県教委汚職事件>>
コメント
藤井老師の激怒する気持ちは痛いほど解ります。
無差別殺人は、法律的にも人道的にも絶対許されることではありませんし、全く関係の無い人が犯人の身勝手な通り魔殺人によって殺められ、そのご家族の心痛は如何ばかりかと思いますと罪の深さを感ぜずには居られません。
しかしながら、このような事件の多発している現在、犯罪者を罵るだけでなしにどうしてこのような事件が起きたのかを紐解き、原因追求と対処方法を講じなければ、今後も類似事件を招きかねないのではないでしょうか?
誰もがいつその危険にさらされるかわからないという極めて治安の悪い現代日本となっておりますが、安心して生活出来る世の中に立て直しを図るのは急務です。

私は、このように物騒な世の中となってしまった日本を考えるとき、日本人の価値観がバブル期以後急変してきたことに大きな問題があるのではないかとふと思います。
最近、汚職事件や偽装改ざん問題、また警察官や弁護士、裁判官、教師など識者の犯罪など一昔では考えられない事件が多発しておりますが(何時の世にも同じような事件はありましたが、最近は桁違いに増加)、これらは経済優先のものの考え方にその因を発しているのではないかと思えてなりません。
損か得か、偉いか否か、高いか安い、成績が良いか悪いなど全ての基準が競い合うことから始まっており、その心が犯罪に繋がりを持つのではないかと思います。

生きものを育てる心や弱者を労わる心を大人が率先して学ぼうとする姿勢に、治安立て直しの近道があるのではないかと考えますが如何でしょうか???
【2008/07/26 00:19】 URL | 妙昌 #Lx03s14c[ 編集]
 ご指摘の通りだと思います。
「仕返しをしたい」と犯人達が思うならその思いをこの国の政治にこそ向けるべきだと思います。
 世の中が悪いと思ったらどうしたたら世の中を良くすることができるか考えるべきです。
そして、行動を起すべきです。
 私が政治の世界に踏み込んだのも「政治が間違うと国民は不幸になる」と今の政治の間違いを見たからであり正す為であります。
 この犯人のように、何の関係もない人達を殺したり傷つけたりしても何にもなりません。
 不満を持つ人々に「敵は悪徳政治家と官僚なり」と言いたいですね。
【2008/07/26 01:14】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/476-4cb5a2c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる