FC2ブログ
不正採用は何故なくならないか・・・大分県教委汚職事件から
 大分県教育委員会の汚職事件が連日報道されています。
 隣の宮崎県は、そのまんま東・東国原知事の誕生で一躍有名になりましたが、大分県は一村一品運動よりも遥かに悪名を轟かせることになり善良な大分県民の皆様にはお気の毒なことです。
 さて、このような汚職事件や情実・不正採用と言うのは決して大分県だけの事ではないと思います。
 かつて日教組は、大きな教職員組合として大きな影響力を持っていました。しかし、今は、組合員もかなり減ってきているということです。
 公務員一般職も民間企業も含めて、この組合加入率の低下と不正採用の間には大きな因果関係があると思います。
 つまり、政治家や企業、教育委員会の有力者の力によって採用された者は、採用される時点で「踏み絵」を踏まされているようなもので、企業や自治体、教育委員会に対して「従順」でなければならないのです。
 所謂御用組合は別として、労働者の立場で活動する本来の組合活動を始めようものなら、即座に採用時にお世話になった有力者や上司から睨まれ押さえ込まれてしまうことになります。もし、それを無視して活動しようとするなら一族郎党が睨まれる結果になるのです。
 また、政治家は「口利き」をするとによって、有権者を支持者として取り込むことができますし「資金源」にもすることができるのです。
 このような双方の利害が一致するのが不正採用なのです。


 逆に、誰にも世話にならずに採用された者ほど強いものはありません。誰にもペコペコせずに済むのですから堂々と仕事も主張も組合活動もできるのです。

 不正採用は、お互いに弱点を共有することによって縛りあう結果になるという事ですがその縛りが労使関係の「安定」に繋がっていくという皮肉な結果をもたらすのです。

 
 今回の大分県の場合は、多額の商品券を賄賂に使った事からバレたようです。商品券は番号がありますし、多額の商品券をやり取りすること事態が不自然なことです。
 現金でやり取りしていたらばれる事はなかったでしょう。

 心当たりのある者は、戦々恐々としていることでしょうね。
スポンサーサイト



【2008/07/13 09:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<漁師さん達のストライキ・・・自公政権はどう考えるのか? | ホーム | 大分県教育長の変な弁明>>
コメント
腐りきった教師が厚顔でいまだに教壇に立っているのが不思議である。まわりの教師も殆どニセ教師だから職場も居づらい雰囲気ではないのか?ところでこのニセ教師問題。本土や都心では殺人罪に匹敵すると連日・連夜放送されているが、何故か震源地の大分県や近県では扱いは以外と大きくないという。地元にいる友人の話では、「そりゃマスコミも縁故採用が蔓延しているから強気に叩けないょ」。だめだこりゃ。自身は知らなかったからと教師という優遇された公務員の地位にしがみつくニセ教師に、正義のない縁故採用の地元マスコミ連中。これが中国・韓国ならデモが行われるがそれすらない大分県民。腐った大人たちはどんな幕引きを画策している事やら。
【2008/07/13 13:13】 URL | 愚民大分県民 #-[ 編集]
 このような不正は、どこにでもあると思います。熊本県でも、「コネが要る」ということが昔から言われてきました。
 県職員まではコネだそうですよ。腐ってますね。
【2008/07/14 09:20】 URL | 藤井 #-[ 編集]
慶峰さんが仰っていることは、その通りだと思います。ただ、日教組については、一言触れておきたいと思います。
日教組が大きな影響力を持っていたころは、その存在が不正を抑止するには役立っていたかもしれません。しかし人事に介入していた事実もあります。日教組の功罪については、罪の方がはるかに大きかったということは、歴史的に明らかなことだと思います。私は、教職員組合があることはいいことだと思います。しかし、以前の日教組のように、特定のイデオロギーを教育の場に持ち込み、政治的活動をするなど許されないことだと思います。日教組が凋落したのは父兄(国民)の信頼を失ったからです。社会党が凋落したのと同じ理由です。理想に燃えた新任の教師の加入率が低いのも当然です。こういう一面もあるということを喚起しておきたいと思います。
【2008/07/14 12:07】 URL | カレエダ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/468-192fc345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる