教員採用汚職事件を考える
 大分県の教員採用試験で県教育委員会の幹部が受験者の親から数百万円の商品券を貰って、便宜を図り合格させていたという贈収賄事件が明らかになりました。
 また、幹部教員への登用についても贈収賄が日常的に行われていた事も明らかになりました。
 子供達を教育する立場の教員という立場や幹部教員と言う立場を金で買う者と売る者、およそ教育とはかけ離れた浅ましいことです。
 長女も教員志望で、県内の小学校に臨時採用で勤めています。今年も採用試験を受検しますが度々耳にすることが「一次試験に合格したらコネが要る」と言う言葉で、なんとも浅ましいことです。
 熊本県では贈収賄事件は無いと思いますが大分県のこの事件を見るといささか疑念を持たざるを得なくなります。

 私が嘗て棲んでいた長崎の町は役場職員に採用される為には1千万を用意しなければならないと言っていました。
 1千万円を払っても公務員という仕事は価値のある仕事だということでしょう。
 人口1万人の町でしたが、町長選挙に立候補すると1億円の選挙資金が必要だという事でしたから当選したら、職員採用や公共事業に絡む賄賂で回収していたということです。
 町長選挙に敗れた現職町長が残任期間中に駆け込みで5人ほどの採用をしたことがありましたが後日、選挙違反(買収)で逮捕されました。
 5人の内、何人かは採用を辞退したそうです。そうして採用されても「針の筵」ではないでしょうか。

 もう30数年前のこと、私も市の職員採用試験を受けた事がありますが、合格発表の前に「市役所に入る事になった」と父が檀家にお参りに行っている時に、その家の息子さんの友達が言ったそうです。父は驚いて「合格発表はまだでしょうが?」と言うと「もう決まっています」とその受験者の青年は答えたそうです。(素直な青年です)つまり、試験の前から採用者が決まっていたのです。
 呆れた話ですが、実話です。
 この採用試験を受ける為に一生懸命に努力し、時間と高い交通費をかけて来て試験に臨んだ人もいるはずです。そんな苦労と努力も無視して不公平な採用をすることは決して許されないことだと思います。
 現実は、それが「当たり前のこと」として行われていたのです。
 市の採用試験のことがあって、当時、市の有力者だった某氏から「消防署に入らないか。金は要らないから、消防署だったら住職と兼職できるし・・・」という話が来ました。
 「有り難い」話ではありましたが、「コネによる採用試験を批判した私がその話を受ける訳にはいきません」と丁寧にお断りしました。それで正解だったと今でも思っています。
 コネや金で合格した教師が子供達にどうして「人として正しく生きる」ことを教えられるのでしょうか?

「天知る 地知る 我知る 汝知る 人ぞ知る」と言います。

 自分を誤魔化しながら教育に携わる・・・辛い教師生活でしょうね。
 コネや金で公務員と言う地位を買って生活の糧を得る・・・自分の子供に恥ずかしいでしょうね。
 「まっとうに生きるんだぞ・・・父(母)ちゃんは、不正をして役所に入った」なんて言えませんね。

 少なくとも、努力した人が報われる公平公正な採用試験を実施するべきです。
 
スポンサーサイト
【2008/07/07 22:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<救い難い汚職構造と救いのある自首教師・・・大分県教委汚職事件 | ホーム | JPU労組城南支部解散レセプション>>
コメント
教職をお金で売り買いする・・・教育現場でこのようなことが行われている事実が明るみに出ましたが、何とも浅ましい事件に驚きを隠せません。
採用試験合格を目指し努力を重ねている人達にとりましては、ショッキングなニュースだったと思いますが、点数主義の行き着く結果を示唆したものとも思えます。
これはやり方(プロセス)はどうでも、良い結果さえ出せればそれで良いという点数主義の結果なのではないでしょうか?
子供を指導する立場の教師がこのような考えでは、、良い生徒が育つはずはありません。襟を正し、教育者としての自信と誇りを持って戴きたいものです。

昨夜、NHKテレビ「家族に乾杯」という番組で永平寺町の様子が紹介されました。その中で永平寺の学校の生活の様子が放映されました。
下校時、一日お世話になりましたと感謝の気持ちから、校舎に一礼して学校を後にする教育がなされ、
また、お掃除も正座をし瞑想してから始めるという道元の教えを忠実に受け継がれた教育がなされておりました。この世知辛い今の世に、このような素晴らしい教育をしている学校が存在していたことに、感動致しました。
ご覧になられた方も多いと思いますが、この陰には、教師自らが積み重ねた努力があるのでしょう。指導力の大きさを実感致しました。これは紛れもなく、プロセス重視を教育の要とした教育方針の表れと思いますが、先の贈収賄事件を起こした教育委員会幹部とのモラル意識には雲泥の差を感じます。
社会を乱す勝ち負け競い合う教育の見直しは、今、急務と思いますが、この辺の意識改革から始めることが肝心なのではないでしょうか?
あらゆる分野に於いて、管理職の質の低下が顕著になってまいりました。質の向上を切望して止みません。
【2008/07/08 23:41】 URL | 妙昌 #Lx03s14c[ 編集]
 家族に乾杯は見ました。
 永平寺中学校の生徒達は、素晴らしい教育・指導を受けて幸せですね。
 教頭先生が「掃除をする時の子供達の姿を見て欲しい」と言っておられましたが、道元禅師のお膝元として禅の心を教育に生かしておられることに感服しました。
 
【2008/07/08 23:52】 URL | 藤井 #-[ 編集]
初めまして。明日、熊本市の嘱託の面接を受ける者です。
先日、姑にその旨伝えたところ「市役所はコネが無いと内定は無い」と言われて、色々と検索していたところこちらを見つけました。

2年も前のブログにコメントすみませんm(__)m

参考になりました。
今もコネ優先のつまらない職場なのでしょうか。

何の為に仕事をするのか、そんな事を情熱を持って語っても無駄なのでしょうか…

私としては、姑のように「出来ない理由を並べて無力でいる」よりチャレンジしてみたいのですが…

【2010/03/06 00:06】 URL | りん #-[ 編集]
りんさん コメントありがとうございます。
今、コメントが来ていることに気付きました。
恐らく、幸山市長になって、今はコネは効かなくなっていると思います。
 堂々と面接に臨んでください。と言っても面接は終わりましたね。
 遅かったです。結果が分かったら教えてください。メールでも結構です。
 
【2010/03/07 18:35】 URL | 藤井慶峰(ふじい けいほう) #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/461-9971b573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる