高齢者は怒る会結成のつどい「長生きして何が悪い!」に参加しました。
 13日、午後6時半より熊本市の県立劇場大会議室で、高齢者は怒る会主催の「後期高齢者医療制度」の廃止を求める集会が開催されました。
 会場には、高齢者だけではなく若い人達も数多く、新聞報道によれば170人が参加していたそうです。
 私は、この会の開催をニュースで聞いて参加したのですが会場に着くと、民主党の仲間も多数参加していました。
 また、呼びかけ人は、猪飼隆明元大阪大学教授や原田正純学園大学教授、福島将美元県連合会長など、弁護士、大学教授、医師、文化人など14人がおられました。
 主催者を代表して千場茂勝弁護士が、「75歳で別枠の保険制度に移行させるこの制度は、憲法が保障する『法の下の平等』に反するものである」と厳しく指摘されました。
 基調講演では、発起人のひとりでもある上塚高広医師がこの制度の問題点を指摘され廃止の必要性を訴えられました。
 上塚医師は、先月28日の熊本日日新聞に掲載された私の投稿記事「高額所得者ほど税負担を多く」に賛意を表して「健康保険料の逆進性」を指摘し、保険料が低所得者ほど負担率が高く、逆に高額所得者ほど負担率が低くなることを指摘された方であります。
 国保と高齢者医療制度の保険料負担の違いについて、東京都渋谷区の例を示して、
年金額300万円以下では後期高齢者医療制度の保険料が高いが、400万円以上は、逆に安くなることも指摘されました。
 様々な問題点を指摘され、このままこの制度を継続すれば
①病気をする人が多いのだから保険は破綻する。
②継続する為には保険料の引き上げが必要。それができなければ医療の質が低下する。
③病気で長生きする高齢者は嫌われる。
 財源について、特別会計は毎年剰余金が数十億出ている。2007年度で27.6兆円。保険料を国保も社保も5パーセントの定率にして上限を取り払い、国保には国が、社保には企業が同額を負担すれば40兆円の財源が確保出来る。
 必要な金を払うべき人に負担してもらえば、社会保障費の抑制は必要ない。人はいずれ高齢者になる。高齢者の明るい未来が社会に活気を呼ぶ。正しいお金の使い方で後期高齢者医療制度の廃止を要求しようと話されました。

 会場からも多くの意見が出されましたが、入院中の方が75歳の誕生日を迎えられた為に、国保からと後期医療制度からの両方から医療費の支払請求が来て前月の倍額を負担させられた話もありました。
 私も、この制度は廃止すべきと言い続けておりますが更に確信を持った次第です。
 
スポンサーサイト
【2008/06/14 17:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<今日は父の日 | ホーム | 政権にしがみつく自公連立政権・・・国民は「悪政」を心に刻もう>>
コメント
高齢者は唯ですら生きてゆくことが大変なのです。
身体は衰え、感覚は鈍くなり、物忘れは多く、今まで出来たことも出来なくなることが多々生じて参ります。身近でお年寄りに接する機会の多い私は、そういう声を度々耳に致します。
とにかく生きてゆくことが容易でなくなり、寂しさを覚えるのです。
年齢を重ねるごとに、このように肉体的、精神的負い目を感じる多くの高齢者に負担を強いる政策(イジメ政策)には、私も感心出来ません。お年よりはお金を持っていると思われがちで、死んでは持って行けないのだからなどとよく聞かれますが、何とかして出させようとする精神は、自分が高齢者となった時に返ってはこないだろうかと因果応報の懸念を感じてしまいます。財源の確保は高齢者の尻を叩かずとも別な方法で賄うべきではないかと真に思います。
お年寄りが安心して暮らせる弱者保護の温かな心は、若い人々のお手本となり心豊かな精神が巡回して良い結果をもたらすことに繋がって行くのではないでしょうか?
「情けは人の為ならず」この精神こそ安泰への一歩と確信したいです。

政治的な事は知識も興味も乏しく詳しい事は分かりませんが、労りの精神が生かされる政治であったなら必ずや明るい日本が将来すると思います。
【2008/06/14 22:52】 URL | 妙昌 #Lx03s14c[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/440-972b596d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる