FC2ブログ
国を思い、民を思う志の官僚はいないのか?
 帰宅途中か遊びの帰りか不明だが、税金でタクシー代を払っておいて、タクシーの運転手からビールや金を貰っていた官僚達、少なくとも502人とか?実際は、もっと多いはずだ。
 恥も良心の欠片もないのか(怒)
 所謂、一流大学を卒業して国家公務員一種という狭き門を突破して辿り着く「エリート官僚」。
 彼ら全部とは思わないが公表されただけでも大変な数だ・・・良心の呵責も恥もないのか?と、エリートではなく「人間のくず」だと言ったら言い過ぎか?こんな輩が予算を武器に国を支配しているということが如何に不幸なことであるかを知るべきでしょう。
 中国も賄賂が横行する社会と聞いた事がありますが、汚職は死刑という厳しい刑罰が科せられるそうです。我が国は、その点については極めて甘く軽いのです。
 公務員が、横領や賄賂を貰っても懲戒免職が厳罰で「金は返したから告訴しない」という甘い処分が殆どです。
 子供が万引きして捕まり、親が呼び出されて「返したから良いだろう」と開き直るそうです。
何百万円も何千万円も横領して「返したからお構いなし」はないと思います。
 泥棒しても返せば良いのか?ということになります。
 拙著「美しい地球と未来を子供たちに」の中に、旧制第一高等学校(東京大学教養部)の寮歌について書いた一説があります。

 芙蓉の雪の精をとり 芳野の花の華を奪い 清き心の益良雄が 剣と筆とをとりもちて 一たび起たば 何事か 人生の偉業成らざらん
 花咲き花はうつろいて 露おき露のひるがごと 星霜移り人は去り 舵取る舟師は変わるとも 我が乗る船は常しえに 理想の自治に進むなり
 行途を拒むものあらば 斬りて捨つるに何かある 破邪の剣を抜き持ちて 舳に立ちて我呼べば 魑魅魍魎も影潜め 金波銀波の海静か
 
 かつて、旧帝国大学を卒業し、この国をリードしてきた人達は、こんな歌を歌い、共に国を背負っていく希望を抱き、学んだことだと思います。私を捨てて公に生きる崇高な使命と正義感を持っていたと思います。
 ところが、今の官僚達は、自らが「邪な者」に成り下がり「魑魅魍魎」そのものではないでしょうか。
 国民は、しっかりとこの官僚達と官僚支配に迎合している政治家に対して「NO」と言おうではありませんか。
 今国会で成立することになる国家公務員制度改革法は、官僚の意のままになる制度です。
 骨抜きの法律を作って悪知恵の働く官僚達をのさばらせる政権は国民の敵です。

 
スポンサーサイト



【2008/06/07 17:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<使い捨て社会が招く悲劇の連鎖・秋葉原無差別殺人事件が問いかけるもの | ホーム | 嬉しいメールが来ました>>
コメント
こんばんは。
藤井老師の辛口記事も、不祥事続きのエリート官僚達には決して言い過ぎではないと納得してしまいましたが、議員の意識改革無しにはこのようなことも後を絶たないのではないかと思われます。
4~5日前の地方新聞(下野新聞)読者登壇の欄に「政治は民衆優先 正造の姿に感動」の見出しで投稿記事が出ておりましたので一部を紹介させて戴きます。

投稿者、69歳の男性
「私が正造に心酔したのは議員歳費の辞退を知ってからです。増税案に対する議会の反発が強いのを見た政府が議員歳費の二倍半増額案を提示して予算案を通させたとき、正造は『民を苦しませて議員が裕福になるとは何事か。そんな筋の通らぬ歳費を貰い受けては国民に申し訳が立たぬ』と言って歳費を辞退した。正造が闘ったのは民衆を見捨てて国益を優先した政府です。今でも政府は同じことをしていますが、その政府と闘う第二の田中正造が現れないのが現代の不幸です」と結んでおりました。
藤井老師の「良心の呵責も恥じも無い・・・人間のくずだと言ったら言い過ぎか?・・・」と激怒する気持ちは決して過言ではなく、偶然にもこの投稿者と意見を同じくするものでした。

田中正造・・・藤井老師のブログを拝見する前までは郷土の偉人として名前だけは知っていたものの活躍の程は存じておりませんでした。『田中正造物語』が新聞に連載され、弱者救済を主眼に政府と闘った篤い精神を、議員の皆様に学んで欲しいと願わずには居られません。。
藤井老師の御著書「美しい地球と未来を子供たちに」の中で『豊かさと引き換えに失ったもの』を読ませて戴いた時、私利私欲に走る今のエリートを嘆かわしく思ったのを記憶に新しくしております。
今、正に正造の活躍期と重なりを感じ、第二の田中正造の出現に期待を馳せたいと思います。
【2008/06/07 21:41】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
コメント有難うございます。
本当に、「田中正造を尊敬している」という行動も言動も伴う政治家がたくさん誕生することがこの国を救うカギだと思います。
 前三重県知事北川さんたちが「せんたく」という坂本竜馬の姉に宛てた手紙の中の「日本を洗濯したてまつりせふらふ」を引用した集まりを始めましたが参加している政治家の中には「洗濯された方が良い」と思える政治家が何人も入っています。わが熊本県選出議員もおります。
 業者から利益供与を受けているのに厚かましいと思いますよ。
【2008/06/07 22:06】 URL | 藤井 #-[ 編集]
今日のご意見には全く同感です。汚職など悪いことをしたら、中国のように死刑も含めて厳罰にしたら抑止効果が大きいと思います。オレオレ詐欺やネット上での詐欺も横行して莫大な被害が出ているのに警察は十分に対応できていないそうです。厳罰化するだけで、うんと少なくなるのは明らかなのに、厳罰化には反対する人がたくさんいるのです。世の中が偽善的になっているのではないでしょうか。

政治家や公務員の犯罪も表面に出ない場合の方がはるかに多いと思われます。つかみどころのない犯罪には、厳罰化で抑止するのが、お金もかからず、有効な手段の一つだと思うのですが。

自ら痛みを負うても公に尽くす精神に欠けているのは大衆も同じような気がします。
戦後の教育は、ほんとうのエリートを育てることも、倫理道徳の教育も否定してきました。その結果が今あらわになっているのだと思います。教育で最も大切な倫理道徳の教育をなおざりにしてきたツケを払わされているのです。田中正造や横井小楠などの偉人の伝記を子供の時に是非教えるべきだと思います。
【2008/06/09 08:39】 URL | カレエダ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/435-d6c0b021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる