熊本市原爆被爆被害者の会第51回総会
 今日は、午前10時半から熊本市内で開催された熊本市原爆被爆被害者の会の定期総会に来賓として出席しまた。
 民主党熊本県連に来賓としての参加要請が来ていたのですが、代表や代表代行は国会開催中で、他の役員もそれぞれ所用があったようで私に回ってきたのです。
 私自身が、毎年4月の花祭りに人権・平和・環境をテーマにしたコンサートを開催し、原爆被爆パネルも常設展示しておりますから逆に適役だったのかもしれません。
 また、長崎に居た頃、被爆者の方々の苦しみを直に見てきましたし、先輩の和尚さんが被爆による白血病によって亡くなって行ったこともありましたので、そういう話も入れながら挨拶しました。
 戦後63年、未だに多くの被爆者の方々が原爆症や後遺症に苦しんでおられます。
「原爆認定訴訟」でも、原告が勝訴したのにも関わらず国は控訴し認定しようとはしないのです。
 この国は法治国家なのに、国は法を守らない国であります。三権分立が名ばかりになっているのです。裁判所が下した判決にも従わない風潮が一段と大きくなっています。
 牧師をしている大先輩で友人でもある人が「日本は法治国家ではない」と断言しておられましたが同感です。
 国が裁判所の判決に従わない。法律を守らない。こんな国の人々が法を犯すことは当然と言う事になるのかもしれません。
 話は、戻りますが、被爆者の方々もかなりご高齢に゜なっておられます。早期全面救済が必要だと思います。
スポンサーサイト
【2008/05/22 23:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8)
<<息子との対話 | ホーム | 後期高齢者医療制度・・・野党、廃止法案提出へ>>
コメント
おはようございます。
いつも弱い立場の人々の側に立って活動しておられることには頭が下がります。
しかし、今日のご意見には少し異論があります。日本は法治国家です。三審制がとられています。一審で負けても不服なら控訴することが認められています。二審で負けても法的に納得できなければ上告することが認められています。一審で負けたから従えというのは不法です。国が三審まで争って負けたのに従わない時に初めて三権分立を無視した不法行為と言うことができます。国であれ個人であれ控訴権も上告権も認められているのですから、たとえケシカランと思ってもその権利は何人も尊重しなければなりません。それが法治国家です。国が一審の判決に従わないことをとらえて、、日本は法治国家ではないというご意見には賛成できません。弱い人々を救いたいという強いお気持ちから出た勇み足ではないかと思います。法学部を出られた和尚さんには釈迦に説法のご無礼だとは思いましたが・・・。
【2008/05/23 10:43】 URL | カレエダ #-[ 編集]
 国が控訴せずに判決に従わないことが数々あります。
 政府・官僚が判決に従わないと言う風潮が見られると言うことです。
 自衛隊のアフガニスタン、イラクに於ける後方支援活動は違憲判決が出ましたが全く無視しています。
 
【2008/05/23 13:24】 URL | 藤井 #-[ 編集]
[国が控訴せずに判決に従わないことが数々あります。】と仰っていますがカレエダは寡聞にしてそういう例は聞いたことがありません。一定期間内に控訴しなければ、その判決は確定します。確定した判決に従わなければそれは違法です。いくら自民党でもそんな明白な違法行為はしないと思います。係争中ではないでしょうか。もし仰る通りなら確定した判決には強制力があるのですから 強制執行を裁判所に求めればいいと思います。それに従わなければそれは犯罪者です。いくら自民党でもそんな明白な犯罪行為はしないでしょう。もし仰る通りなら、民主党は選挙手でなくて、裁判で簡単に自民党政府を倒せるはずです。
【2008/05/23 19:55】 URL | カレエダ #-[ 編集]
 今年の4月17日、名古屋高裁で「自衛隊イラク派兵違憲訴訟」に対する判決がありました。
 青山邦夫裁判長は、「航空自衛隊のバグダッド空港への多国籍軍の兵員輸送活動は、イラク特措法にも憲法9条にも違反する」という判決を下しました。ただ、この判決の中で裁判長は、主文で原告側の控訴を棄却しましたので結果的に国が勝訴した事になりますから国は控訴できなかったのです。しかし、「自衛隊の派遣は違憲」と明確に判断していますから国は自衛隊を撤退させるべきです。
 この判決に対して、政府や国防省は「そんなの関係ねぇ」と無視して活動を続けています。
【2008/05/23 22:20】 URL | 慶 #-[ 編集]
私の住む栃木県では、被爆者を目の当たりにすることもありませんし、救済運動もありません。被災者の方々の気持ちをどこまで察することができるかは疑問ですが、今尚苦しんでいる人々の救済に心身を注がれる藤井老師の気持ちは、今までのブログ拝読させて戴いた中で察することが出来ます。
ところが、栃木にもたった一つ足尾鉱毒事件がありました。
藤井老師の尊敬なさっていらっしゃる田中正造が命を懸けて戦い抜いたあの鉱毒事件です。救済を求める人々の立場になって・・・正造の精神は正に同事行でした?

最近の下野新聞に、、作家 立松和平氏が「『布施』の心 無形の遺産」の見出しでサブタイトルに「平等な視点、現代の教訓に」を掲載しておりました。
その中で、正造の魅力はとの問いに「自分を全部捨てたこと。仏教でいえば『布施』する心。身も財産も捨てた。そこまでやるかと思うが、正造はやった。遺品は帝國憲法とマタイ伝の合本、石ころ数個、鼻紙など。ほかには何も残さなかった。でも彼は形にはならないが、恒久的なものをわれわれに残してくれた」とありました。
更に「正造から教えられたのは、正しいと思うことをどこまでもやり抜いたこと。あの精神力の強さはすごい。また、彼の別な面、それは周りの人すべてを平等な目で見たこと。偉い人だろうが特別視しない。人間を見る目が常に一緒。今の時代の人は正造のこの態度をまねたらいい。世の中はそうあるべきです」と結んでおりました。
藤井老師の根底にはこのような心の泉が湧き出ていらっしゃるようですね!!!
「布施」の心・・・大切にしたいものです。
【2008/05/24 01:19】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
、【「自衛隊の派遣は違憲」と明確に判断】と読者の方がコメントしておられますが、それは一審の判断です。政府はその判断に不服でも本訴で勝っているのですから控訴できません。
一審の判決に従わないからケシカランとはこの場合も言えないと思います。もし最高裁がこのこと違憲だと判断しているのなら、違憲審査権を行使するはずです。
この一審の判決は、違憲かどうかという最も重要なことを主文では取り上げず、前置きで違憲判断をして、本訴を勝たせた結果、、肝心なことを争えなくしてしまいました。この一審の判決こそ問題だと思います。
【2008/05/24 10:33】 URL | カレエダ #-[ 編集]
 私は、この裁判長とふたりの裁判官の勇気に敬意を表します。
 こういう判決をくだすことによってしか違憲判断を下せなかったということではないてじしょうか。
 この3人の裁判官は、これから一生、いわゆる右の方々から批判の眼で見られ今後の栄転はなくなるでしょう。
 もっとも、青山裁判長は退官して大学の教授になられたようですが。
【2008/05/25 01:27】 URL | 慶 #-[ 編集]
上の方(お名前が私には読めませんので上の方と呼ばせていただきます)のコメントにお答えします。私が言いたいことは[いくら目的が立派であっても、「それを達する手段は法に則ったものでなくてはならない」という民主主義の基本からして、一審の判決に従わないからと言ってそれを不法と言うことはできない】と言うことです。また、大切なことを主文では触れず、前置きで「違憲だ」と判断し、勝訴させ「違憲かどうかを争う機会を奪うのは、意図的に行われたのであれば大変卑怯だと思います。「違憲だ」という重要な判断をするなら主文ですべきです。前置きでしてもそれは判決ではありません。裁判官の判断に過ぎず、法的には意味を持ちません。独り言と同じなのです。

上の方は、【 こういう判決をくだすことによってしか違憲判断を下せなかったということではないてじしょうか。】と言っておられますが、何を意味しておられるのか私には分かりません。

【この3人の裁判官は、これから一生、いわゆる右の方々から批判の眼で見られ今後の栄転はなくなるでしょう。 】とも言っておられます。それだけの覚悟があるなら、どうして主文で「違憲だ」と堂々と主張しないのでしょうか。裁判官の使命は良心に従って判決を下すことです。これらの裁判官は大事なことから逃げていると言われても仕方がないと思います。私が言っていることは、右とか左とか関係のないことです。民主主義のルールについての意見です。


【2008/05/25 16:36】 URL | カレエダ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/426-00a12f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる