FC2ブログ
第16回部落解放県民共闘会議総会
 昨日(13日)は、午後6時から、熊本市で部落解放県民共闘会議の定期総会が開催されました。
私は、民主党熊本県連から同会議の副議長として参加しました。
 この会議は、連合熊本加盟労働組合、民主党、社民党、部落解放同盟などで組織され、部落差別の撤廃に向けた学習会や研修会の開催、及び支援活動などをしています。

 私は、曹洞宗の寺の住職ですが、宗門の中の一部には「同和」問題やハンセン病問題、様々な人権問題に取り組むことに対して批判的な意見を持っている人達がいます。
 私が、曹洞宗人権啓発相談員をしている時、やはり「いつまでやっているんだ?」という発言がありました。
 私は、「宗門は、徳川幕藩体制の時から400年以上に亘って差別してきた歴史がある。400年もやってきたことは400年掛けてでも差別を無くさなければならない」と答えました。
 今も差別は無くなってはいないのです。世間の表に出ないところで行われています。
 インターネットを利用した陰湿な差別書き込みや誹謗中傷、差別文書の掲示や差別葉書、就職や結婚についての身元調査などは巧妙に行われているのです。
 差別は、人の命さえ奪います。本人の責任のないことで人として幸福に生きる権利(人権)を奪われることがどんなに酷いことであるかを私達は知り、あらゆる差別と闘わなければならないと思います。

 私自身、かつて「私は差別していないから関係ない」という考えを持っていました。しかし、人権学習に参加し研鑽するうちに、自分自身が「差別者」だということに気付かされました。
 そして、宗門の諸先輩がやってきた差別布教や差別儀礼など全ての差別事象に対して現代を生きる宗侶として責任を負わなければならないと思ったのです。それが、私の人権問題に取り組むきっかけになったことでもあります。

 会議終了後は、懇親会にも参加し、多くの人と意見交換をしました。前日も、交流会でしたので酒はちょっとだけ控えめにして真っ直ぐ帰宅しました(笑)
 
スポンサーサイト



【2008/05/14 01:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<中国・四川省の大震災、早期救出を願う | ホーム | 赤いカーネーション240鉢を恵楓園へ届けました>>
コメント
差別・・・私達は気づかないうちに差別をしているのでしょうね?
以前、同和問題のビデオをみて結婚への影響が大きい実態を知りました。
差別はしていないと言いながらも、もし、身内の結婚で相手が同和地区の人であったり、ハンセン病の家系であったりしたらどうでしょう?賛成し心から祝福してあげられるでしょうか?

「我が身に引き当てて」・・・「同事行」の根幹だと思いますが
他人のことはどうでも、いざ自分の身内のことになると「待った!」がかかるのではないでしょうか?
ここが差別の出発点なのだと思います。
差別はしていない、しませんと言っておきながら
もし自分の娘の結婚相手が同和地区の人であったり、ハンセン病の家系だとしたら
どのような判断を下せるか確信を持てない人が多いのではないでしょうか。
これも差別の始まりなのでしょうね?
【2008/05/15 00:43】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
 (注)ハンセン病は遺伝しません。家系とは関係ありませんので念のためにお伝えしておきます。単なる感染症です。簡単に治る病気です。
 田中正造先生の精神を学び、受け継いで生きようとするならば迷いは生じないと思います。
 どちらの立場に立つのか、軸足をどこにおくのかが大切なんです。
 
【2008/05/15 00:54】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/420-8f235294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる