FC2ブログ
紅フナ君・・・元気回復
20080504231922
今日の夕方から危篤状態だった紅フナ(20センチ)が救命措置で元気を回復しました。
 夕方、畑に出ていると娘が電話をしてきました。「魚が死にそうだ。横向きになって浮いている」と言います。急いで、水槽のところへ駆けつけると娘が言ったとおり横向きに浮いてアップアップしています。
 井戸水を入れた大き目のボールに紅フナを移しました。魚の体にはヌルッとした感触がありましたので体に傷を付けない様に体を洗ってやりました。気にはなっていたのですが、このところ水槽を洗い水を換えていなかったことがいけなかったようです。
 水槽を洗い、浄水器を洗って再び水を入れて魚を戻しましたが横になってアップアップ浮いています。「今夜がやまかもしれないな・・・」と話しながら元気になってくれる事を念じておりました。
 水槽に戻してから約5時間が経とうとするころ・・・なんと、なんと、まっすぐに立って?泳いでいるではありませんか。
 もう大丈夫だと思います。家族みんなで紅フナの生還に大喜びです。

 今から20年ほど前の話ですが、島原半島の西有家に居た頃、檀家の魚釣りの好きな棟梁さんが30センチほどのチヌをビニール袋に入れて持ってきて「友達と刺身にして酒の肴に食べてくれ」と言って置いて行きました。
 チヌはビニール袋の中で、かすかに口を動かしていました。
 直ぐに大き目のバケツに水を入れ、塩水を作ってチヌを入れて人工呼吸をしました。(尾びれを左右に動かすと自然にエラが動くのです)
 すると、次第に元気を回復しやがて勢い良く跳ねるようになりました。
「もう大丈夫だ」と当時、5歳ぐらいになっていた長女と海辺に行き「もう釣られるなよ・・・」と言いながら放流しました。笑い話のうな話でしょう。チヌは「ありがとう・・・」と言って勢い良く沖に向かって泳いでいきました。
 いつもの飲み仲間には、事の次第を話して棟梁には「ご馳走になりました」とお礼を言ってくれるように頼んだ事でした。
 「生命を殺さざれば仏種増長す、仏の慧命を継ぐべし」と道元禅師はお示しです。
無駄に(不必要に)命をとっていけない。生かすことが大切なのです。
 
紅フナも何も語ってはくれませんが心を和ませてくれるものです。
スポンサーサイト



【2008/05/04 23:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<中華人民共和国の変貌④ | ホーム | 中華人民共和国の変貌③>>
コメント
命有るものが危篤状態だったとは、いたたまれませんね。心痛お察しいたします。回復されて良かったです。生きものを飼うということは大変なことですよね。我が身に引き当てて感じてあげなければ
なりませんし、細やかな愛情が生死に繋がります。
ところで、紅ふなとは珍しい種類では?
魚に詳しい知識はありませんが、初めて見せて戴きました。
【2008/05/05 00:00】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
 檀家さんから5センチほどの紅フナを三匹貰いましたが二匹は病気で死んでしまいました。
 残った一匹が20センチを超えるまでに成長しました。
 鯉にはヒゲがありますが、紅フナにはヒゲがないのですよ。純粋な在来種の魚なんです。
 今は、すっかり元気になって悠々と泳いでます。
 魚の人工呼吸なんて初めて聞いたでしょう。
【2008/05/05 00:37】 URL | 藤井 #-[ 編集]
私にも似たような(?)経験があります。
紅フナの件。我が家ではヒブナ(緋鮒)と言っていますが、たくさん池に飼っていますので今までに何回も経験しました。死にかかった魚が生き返って元気に泳ぐのを見るのは嬉しいものです。仲間のような気になります。

チヌの件。私も、釣ってきたばかりの大きなチヌを3匹もらいました。刺身と塩焼きにして食べました。「さすがは釣れたてだ!」とその旨さに感嘆しました。もらった時は息絶えていましたので何も迷いはありませんでした。もし生きていたとしたら、ちょっとは躊躇ったとは思いますが、やっぱり刺身と塩焼きになっていたと思います。
生き返らせて海に放ってやられたという、和尚さんの話に、「やっぱ、ちがうなぁ」と俗人カレエダは感じ入りました。
【2008/05/06 09:53】 URL | カレエダ #-[ 編集]
チヌが完全に死んでいたらご馳走になったと思います。
 かすかに呼吸している姿は「生きよう生きよう」としている姿でしたから殺せませんでした。
 紅フナはカレエダさんところの緋フナと同じだと思います。すっかり元気になって悠々と泳いでます。
【2008/05/07 09:00】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/412-c5811e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる