光市母子殺害犯に死刑判決・・・死刑制度は是か非か①
 昨日は、九年前に山口県光市で当時18歳の少年が若い母子を殺害し姦淫すると言う残虐な事件の差し戻し控訴審で広島高等裁判所は死刑の判決を下しました。
 最高裁で、審理のやり直しを命じる判決を受けての裁判でしたから死刑判決は予想されていたことではありました。
 被害者の心情を察すると「死刑やむなし」ということでしょうが、被害者のご遺族で夫であり父である本村さんは「被告が本当に反省していたなら死刑を回避することができた。この判決は、結果として妻と子とそして、被告の3人の命を奪うことになった」と複雑な心境を述べておられました。
 若し、私が本村さんの立場だとしたら、「極刑にして欲しい」と考えると思います。
しかし、仏教者の立場であれば「死刑を望んではならない」と言わざるをえません。
 その理由は、死刑は、「国家による殺人」だからであります。
「殺すことなかれ、人をして殺さしむることなかれ」という釈尊の教えからそういわざるを得ないと思います。
 では、刑務所の教誨師として受刑者と接してきた経験から考えるとどうでしょうか?
 熊本刑務所に収容されている受刑者は、比較的重大犯罪を犯した者や何度も犯罪を繰り返している者が多く、刑期も比較的に長い者が多いのです。最低でも8年、無期懲役の者も多数おります。
 教誨活動をする立場からすると、その効果を上げる為には時間が掛かりますから「長期刑」というのが逆に良い結果をもたらすと思っています。
 短期刑の場合には、教誨を受ける前に、または、本人が反省する前に社会復帰してしまうことが多いので教誡活動の効果を上げることが難しいようです。
 実際に、熊本刑務所で、私と出会って初めて人の話を聞く気になったと言ってヤクザの世界から足を洗うという約束をしてくれた人もいました。
 出所前に、個人教誨を受けて涙を流して別れた人もいました。
 人間は、その人の、子供の時からの育った環境によって、心は善にも悪にも変わります。
 罪を犯して服役し、そこで出会った刑務官や教誨師、篤志面接員、保護司などによって良い影響を受けて悔悛の情を示す人も多いものです。
 勿論、中には反省することなく刑期を終えて社会復帰し再犯を犯す者もいます。そこに、「刑罰の厳罰化」という世論の流れが起きてきているのだと思います。
 ただ、厳罰化だけでは犯罪を減少させることはできません。つづく
スポンサーサイト
【2008/04/23 09:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<光市母子殺害事件に死刑判決・・・死刑制度は是か非か② | ホーム | 古文書を読む・・・肥後国史・国郡一統誌>>
コメント
死刑・・・当然の結果だと思います。
が、「殺すことなかれ、殺さしむることなかれ」釈尊の教えからしますと、殺さしむること殺させるような状況をつくってはいけないと言うことですね。逮捕されてから9年間、死刑を回避できるよう何らかの手立ては出来なかったものでしょうか?導き諭せる人はいなかったのでしょうか。反省があれば酌量の余地もあるということでしょうが。先日、釈尊降誕会で父母恩重経を読誦したばかりで、子が誕生するまでには父も母も大変な思いをするわけですし、生まれれば生まれたで大変な思いをして育てるわけです。被害者、被疑者共に尊い命。結果的に3人の命を絶つことにことになるとは、空しいですね。
【2008/04/23 23:02】 URL | 妙昌 #Lx03s14c[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/398-c6483ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる