古文書を読む・・・肥後国史・国郡一統誌
 今、法泉寺の歴史・由緒を再点検する為に法泉寺に残されている古文書と肥後国史と国郡一統誌に書かれている拙寺に関する記述を読んでおります。
 肥後国史のは読み易いのですが、拙寺保管の古文書は草書体や行書体で書かれているものが多くなかなか難しいものです。
 また、国郡一統誌のは、漢字ばかりで書かれており句読点、返り点が全く書かれていないために浅学非才の私にとっては難題であります。それでも、漢和辞典を繰りながらなんとか解釈ができてきました。
 特に寺領に関する具体的な地名は、教育委員会の高木文化振興課長のご協力で古地図をみながら特定できました。
 この機会に、後世に解り易く書いたものを残して行きたいと思います。
スポンサーサイト
【2008/04/23 01:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<光市母子殺害犯に死刑判決・・・死刑制度は是か非か① | ホーム | 仏説父母恩重経を読む>>
コメント
お尋ねしたいのですが・・・・
平安~鎌倉時代の肥後国人の氏名や、功績などいろいろと調べたいことが山ほどあります。
肥後国史の解読書を編纂されたそうですが、既に本として出版されていましたら教えて下さい。ご住職の所へ行けば、ご教示頂けたり、書き写すなどのお許しをいただけるのかどうかお教えください。
私の母の先祖の始まりが、平安時代肥後に来た「藤原昌紀」だと聞かされています。
我が家の系譜はどうでもいいのですが、阿蘇家、相良家、宇土家、鹿子木家、河尻家、木原家などが、どのように絡み合っていたのか、その当時の河川の位置と集落地の関係、そして、肥後国へ流入してきた人たちが、どこの国から入っているのかなどを知りたいのです。それと、門前町でもないのに、河尻には36門を越えるお寺が建ち並んだ理由も知りたいのです。河尻泰明が招聘した曹洞宗道元の師弟であった寒巌義尹のことについても知りたいことがあります。
是非教えて下さいませ。
お忙しいおり、お読みいただき有難うございます。
【2008/10/19 17:06】 URL | 大川浩一 #-[ 編集]
 大川様
コメント有難うございます。
拙僧が解読したのは拙寺に関する項目だけです。ご承知の通り、肥後国史、国郡一統誌は図書館にいけば置いてあります。古書店には在庫もあると思います。
 阿蘇氏、菊池氏、木原氏、河尻氏などについてはそれぞれの市町村が出している歴史書に書いてあると思います。それは、現代文で書いてありますので解り易いと思います。
 寒巌禅師のことについては拙寺でもある程度は分かります。
 宇土氏については、宇土市史に載っています。
 河尻にお寺が多いのは、私が思いますのには、川尻は平野ばかりで山がありませんね。
 従って、攻められ易い地形ですから防備として陣地を構える場所が必要になります。その為に、たくさんのお寺を建立して戦の時には兵を配備したものと考えます。
 佐賀県にお寺が乱立しているのも平野での戦に供えたものと考えられます。
 ご参考にお伝えしておきます。
【2008/10/19 23:50】 URL | 藤井 #-[ 編集]
御住職のお返事をいただいておきながら、お礼のコメントが遅くなり申し訳ございません。
メールで返信をいただけるのかと、心待ちいたしておりました。
さて、最近の出来事ですが、神奈川県在住の方が、『江ノ島神社』で神仏習合をしていた時代、源頼朝の歓請を受けて、『弁財天』を祀ったとされ、その分霊を河尻三郎が河尻之荘に持ってきて、『願成院』と言う寺院を建てご本尊とした。と言う記述が江ノ島神社に残されていたことが分かり、あす人を介してお訪ねになるそうです。
弁財天は、インドで水の神様として発祥されたと言われているそうですが、船舶の航海を御守護いただく神様でしょうか、河尻を通り抜ける緑川を天然の湊としていた時代、湊のほぼ近くに寺院が建立されたようです。
人はそれぞれの想いで遠い昔に想いを馳せるものです。単なる歴史の調査ではなく、先人たちへの感謝とお詫びを忘れてはならない思いになります。
御住職のアドバイスを受けて、行動を起こしたいと思います。ありがとうございました。

大川浩一
【2009/07/13 21:27】 URL | 大川浩一 #-[ 編集]
肥後国史 西暦594年の記述を教えていただけないでしょうか?お願いします。
【2009/12/31 07:01】 URL | 鈴木 房江 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/397-d1b821cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる