後期高齢者医療制度の廃止を求める座り込み集会
200804151942334
200804151942332
20080415194233
今日の午後2時から熊本市辛島公園で民主党と社民党、連合熊本等の主催で開催されました。
小泉政権の悪政の一つである後期高齢者医療制度の保険料の天引きが今日から始まりましたが、全国で、この制度に対する怒りが爆発しています。
 熊本市でもこの制度の廃止を求める座り込み集会が開催されましたので参加し座り込みをしてきました。
 この医療制度については、このブログに書きましたが、政府が行う姥捨て山です。
こういう制度を作る前に、特殊法人の解体や官僚腐敗、税金の無駄遣いを無くす事が優先されるべきです。
 道路特定財源も、暫定税率が期限切れになったのにもかかわらず特定財源からの支出をしようとしないで「暫定税率が期限切れだから予算が無い」と嘯く自公の悪政と道路族、国土交通省の官僚こそ批判されるべきだと思います。
スポンサーサイト
【2008/04/15 19:42】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(2)
<<熊本県知事新旧交代 | ホーム | 小国町の風景>>
コメント
高齢者は、細い収入の中から医療費を支出し、辛うじて健康を保っているのが現状だと思います。更に支出が増えれば、いざ病気というときに安心して治療を受けることが出来なくなるのではないでしょうか?
弱い者いじめの政策は、これからの時代を担う若者に対し悪い手本を見せることになります。悪い手本が身に付いた若者が次世代の政治を司る。悪循環の繰り返しで恐ろしい将来が見えて来るような気がいたします。
若者に良い環境を与えること良い手本を見せることが私達熟年者の使命!即ち将来が整うことに繋がるのではないでしょうか?
【2008/04/15 23:11】 URL | 妙昌 #Lx03s14c[ 編集]
 今の政策は、「自己責任論」による弱者切捨て政治です。非正規雇用の増加によって切り捨てられる大多数の若者達は、自分の苦しみの原因の一つが悪政によるものであることに気付いていないのかもしれません。
 後期高齢者医療制度は、高齢者にたいして負担を強いる小泉改革の悪行のひとつですから高齢者の方々は怒りまくっています。
 若者も選挙にいかない・意見を主張しない・抗議する事をしようとしないから余計に追い込まれる事に気付いて欲しいものです。
 弱者同士が傷つけ合うことは止めにしなければなりません。
 怒りは、権力を握って弱者に対して苦しみを押し付ける為政者に向けなければならないと思います。
【2008/04/16 00:58】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/393-e2dd033d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
問い合わせ殺到、後期高齢者医療 4・15ショックか
後期高齢者医療制度で、保険料の公的年金からの天引きがスタートするのを翌日に控えた14日、厚生労働省や自治体窓口には「いくら引かれるのか」などの問い合わせが相次いだ。担当者らは「15日になればさらに電話が増える」と“4・15ショック”に備えた。 陶芸ブログ 炎と土にたわむれて【2008/04/16 09:29】


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる