後期高齢者医療制度は是か非か・・・政府が行う「姥捨て山」
 4月1日から満75歳以上の人が強制的に加入させられる高齢者医療制度がスタートしました。
全国各地でこの制度導入による混乱が起きています。
 この制度の名前が悪いということで、福田総理の支持で「長寿医療制度」という通称が付けられたようですが制度の中身に変化はありません。
 厚生労働省のお役人は「末期高齢者医療制度」と付けたかったのかもしれないとひとり想像しています。前期、中期、後期と来たら、後は終わりですから後期は末期と言う事に繋がっていきます。
 「末期」と言えば福田内閣のことかもしれません。早く、自公連立政権と官僚支配を叩き壊して欲しいものです。
 官僚とは、エリート意識の塊なのでしょうか。特権階級と思っているのでしょうか。真面目な方も勿論おられますが、少なくともそういう輩がいることは確かです。「俺の金は俺の金、国民の金も俺の金」と特別会計を手放そうとしないばかりか、天下りを繰り返しては1日2、3時間も仕事しないような部署にいて赤字だろうが責任を取ることはないが、退職金だけはしっかりと取って、また次の天下り先へと恥知らずな行為を続けるのですから・・・情けない話です。
 こういう税金の無駄遣いをしなかったら、後期高齢者医療制度などという高齢者いじめのような制度は必要なかったのではないでしょうか。
 ひと月、5・6万円の年金生活者が家賃4・5万円のアパートで暮らしているとしますと生活費は1・2万円しか残りません。その中から保険料と介護保険料を天引きされるのですから「死ね」と言われているようなものでしょう。
 この制度は、
①高齢者からも確実により多くの保険料を徴収する。
②高齢者の医療を抑制して、入院や長期療養を抑制する。
③保険料が払えない高齢者からは保険証を取り上げて医療を受けさせずに生存権を奪う。
 見方によれば、政府が行う「姥捨て山」と言えましょう。
この制度は、平成18年に成立した法律と言うことですが直ぐにでもこの悪法を凍結すべきだと思います。
 そして、ガソリンの暫定税率、道路特定財源の一般財源化、年金制度も含めて制度の見直しと税制改革にも取組むべきではないでしょうか。
 もうひとつ、国会議員の定数削減です。今の衆議院の小選挙区制度を中選挙区制度に戻して定数を2割乃至3割削減するか、議員報酬・歳費の削減をするべきでしょう。
 年間3万2千人を越える自殺者を減らすことができない政府、社会不安を増大させるばかりの政府は政府として失格です。
スポンサーサイト
【2008/04/04 23:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<後期高齢者医療制度に対する怒りの声 | ホーム | 小4児童殺害事件・・・悲しい母子・・弱者が切り捨てられる悲しい時代>>
コメント
このブログを拝読し、悲しい実態に目が潤むと同時に官僚の心無い政策に腹立たしさを覚えました。
「長寿高齢者医療制度」体裁の良い名前に変えたからといって何が変わるのでしょうか?
身を削ることには微塵の神経も遣わず、体裁を整えることで実態をぼやかそうとしているとしか思えません。
名前を変えることより高齢者に負担軽減の措置を考案し、実践することが先決だと思います。
人は年を重ねていく毎に心身が弱り不安や心配が募っていくようです。そこに追い討ちを掛ける様な政策は殺人行為に等しく、高齢者の生きがいを著しく阻害する政策と思えてなりません。
救済の得策一例と致しましては、議員の定数削減と報酬・歳費の削減、次に高額所得者や財産の多少に応じた納税を今以上に調整することだと思います。
【2008/04/05 22:51】 URL | 妙昌 #Lx03s14c[ 編集]
 まったく、その通りです。
高額所得者の税率を上げて低所得者の税率を軽くしないと決してよくならないと思います。
 人間が一生に使える金は限られています。蓄積したからと言ってあの世に持って行ける我でもありません。
 今の政治には思いやりのこころがないのです。
【2008/04/06 02:19】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/387-5e640388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる