岩国市長選挙・・・市民の選択は
 今日は、山口県岩国市長選挙が行われました。
今回の選挙は、米軍艦載機の岩国基地への移転に反対する井原市長が国の交付金凍結という圧力に屈することなく市独自で難局を乗り越えようとすることに対して自民党系議員達が予算案を否決した為に「民意を問う」ということで辞任し選挙選に挑んだものです。
 選挙には、基地化賛成派の自民党衆議院議員福田良彦氏が立候補して基地移転反対、賛成両派が真っ向から対立した形となりました。
 結果は、23時15分頃のNHKニュースで賛成派の福田氏の当選確実を伝えていました。真に残念な結果です。
 岩国市では、昨年若い女性が複数のアメリカ兵に集団暴行されるという悲惨な事件がおきましたが犯人のアメリカ兵達は、起訴される事はありませんでした。
 基地の島、沖縄でもアメリカ兵による同様の事件や凶悪事件が頻発しております。
米軍が守っているのは何なのでしょうか?日本という国なのでしょうか?アメリカという国なのでしょうか?世界の平和なのでしょうか?
 答えは、アメリカ合衆国の利益だと思います。彼らは、日本という国とその国民を守ることなどおそらく考えてはいないでしょう。アメリカは世界各地に軍隊を駐留させてその国にその費用を負担させて兵士を養い軍備を整えているのです。それは、軍需産業を守りアメリカ経済を支える事なのです。
 そして、自国に反抗する国に対しては「自由や正義」の名の下にイラクやアフガニスタンしたように武力侵攻するのです。戦費調達の為に「同盟国」という言葉で莫大な税金をつぎ込ませて利益を上げている輩がいるのです。
 これを「覇権主義」と言います。
 彼らにとって、駐留国の国民は侵攻した相手国の国民は守るべき人間ではないのです。
お釈迦様は「暴力は暴力をもって無くすことはできない。怨みは恨みを増幅させるだけで恨みによって解決する事はできない」と教えておられます。
 仏教は「非戦」でありますから軍備の増強にも反対ですし戦争にも反対なのです。
 岩国市は、この市長選の結果を受けて一気に艦載機の岩国基地への受け入れに進み、その見返りとして莫大な交付金を貰う事になるでしょう。
 福田候補が「この選挙は、子供達の未来の為の選挙だ・・・」と訴えていましたが、果たして子供達の未来を保証する道は基地を受け入れる事なのでしょうか?私には、逆だとしか思えませんが・・・平和を希求する国民として真に残念な結果でありました。
スポンサーサイト
【2008/02/11 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<駐留アメリカ兵による少女暴行事件 | ホーム | バイオ燃料が温暖化を加速する>>
コメント
元岩国市民として、岩国基地の正面ゲートを見ながら通園したり友達宅に遊びに行っていた身として、今回の結果には安心しています。基地を拒絶して、それではどう生きていくのか、食っていくのかというビジョンを示せない限り反対派には勝ち目は無い選挙だったと思います。子供たちのためにこれといって何の観光資源も産業も無い岩国市を残しますか?錦帯橋でどれだけの観光客が来ますか?食えぬ平和より食える軍事を。
【2008/02/11 00:25】 URL | ささみ #cMcEE0to[ 編集]
 ささみさん
コメント有り難うございます。
「食えぬ岩国市」にしたのは国です。井原前市長が「将来の為にもしっかりと協議したい」と言うのにそれを無視してごり押しし、交付金を凍結して岩国市を日干しにしようとしたのは国でしょう。これは、明らかに国が間違った事をしているのです。こういう圧力に屈していたらこれから先、全国各地で国の強権発動が行われ戦前と同じになってしまいます。
 また、他国がもし我が国、或いは米国に対して攻撃を仕掛ける場合に狙われるのが米軍基地とその周辺、原発です。
 沖縄県の場合、基地がある町は、当然基地による雇用もあるでしょうし経済効果もあるでしょう。それが、沖縄の人たちの一つのジレンマでもあるようです。
 私は、岩国市民ではありませんが今後の岩国市を憂慮しております。
 もうひとつ、国民の多くは、政治家も経済界の人間もバブル経済の良かった頃を基準に考えているのではないでしょうか?
 私は、バブル経済と我が国の見せ掛けの経済大国こそが異常だと思つていますからこれから益々、国民生活はくるしくなっていと思います。
 今、私達大人がやらなくてはならないことは戦争をしない平和な世界を創る事と子供達が安心して暮らせる地球環境を守る事だと思います。
【2008/02/11 01:01】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/351-441276ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる