FC2ブログ
バイオ燃料が温暖化を加速する
 アメリカのブッシュ大統領がバイオ燃料の利用を推進してから、トウモロコシや大豆などの穀物がバイオ燃料の原料に廻された為に牛や豚など家畜飼料から人間の食用にされるものまで不足し、価格の高騰を招いています。
 私は、ブッシュ大統領がバイオ燃料の利用促進政策を打ち出した時から、「また馬鹿なブッシュがとんでもない政策をやりだした」と思い、その政策を批判する意見をミクシィの日記にも書きました。
 結果は、私の言った通りに穀物の供給不足と高騰、家畜飼料不足と高騰を招きました。また、二酸化炭素を吸収してくれる森林を伐採してまで穀物栽培をするための畑を造っておりますから二酸化炭素の削減どころか増加に繋がっているのです。
 結局、ブッシュ大統領をはじめとする愚かなる指導者達や経済人が考えることは温暖化対策ではなく、金儲け・経済的利益追求でしかないからであります。
 バイオ燃料は、本来、残飯や食料として使えない野菜の切れ端、穀物の幹とか葉っぱなどの捨てられる部分や食用油の廃油、家畜類の糞尿などを利用して作られるべきものであります。
 昨日の熊本日日新聞の夕刊に、「バイオ燃料が温暖化を促進」という見出しでアメリカの科学者達が研究した結果を発表したと紹介しています。
 その内容は、次の通りです。
①バイオ燃料を作るために森林を畑にすると数10年から数100年に渡って温暖化を促進する。
②トウモロコシを原料にしたエタノールの場合、30年間はバイオ燃料の方がガソリンの2倍近い二酸化炭素を排出する。ガソリンの排出量を上回るのは167年間も続く。
③土地を新規開発せずに生産したエタノールを使えば20%の削減になった。
④インドネシアの泥炭地の森林をディーゼル燃料向けのアブラヤシ畑にすると423年間、ブラジルの熱帯雨林を燃料用の大豆畑にすると319年間、それぞれバイオ燃料の方が化石燃料よりも排出量が多いことが分かった。
 ブッシュ大統領は、クリントン大統領時代とは全く逆に、戦争を続け、借金大国アメリカを築き上げ、間違った温暖化対策、バイオ燃料の利用促進政策で益々温暖化を加速しています。
私は、彼を「最悪の大統領」と言い、それに追随してきた小泉・安倍前総理も同様だと思っています。
 経済優先・金儲け優先の環境政策は、所詮、本当の環境対策とは成り得ないということです。

スポンサーサイト



【2008/02/10 01:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<岩国市長選挙・・・市民の選択は | ホーム | 東京行きでした。>>
コメント
大変興味深く読ませて戴きました。
頷きながら文章を読んでいくうちに、経済優先の政策はは環境を変えるばかりでなく人の心をも変えてしまう恐ろしいものだということに同調せざるを得ませんでした。

日本人の祖先は農耕民族。太陽の恵みに感謝しながら生活を続けて来たと思います。それが欧米の合理的な文化が入って来た時点で、日本人の心は変わってしまい現在に至ったのではないでしょうか。勤勉実直が日本人の精神文化であり美徳でした。必要以上に富を求めるあまり、手段を選ばなくなった日本人、精神的荒廃を強く感じます。
一人の力では・・・と諦めるのではなく、微力が集まれば大きな力になり、日本いや世界が変わるのだと自覚して、小さなことから実践していくことが大切だと思います。

藤本老師の記事で勇気づけられました。
【2008/02/10 19:10】 URL | 妙昌 #Lx03s14c[ 編集]
 「人間の欲望は、ヒマラヤ山脈を黄金と化しても満させることはできない」とお釈迦様がお示しになられていますが、正にその通りです。
 愚かなる民です。地球が滅びるその直前になっても財産欲も消える事はないでしょう。
 何千億円稼いで゛も何兆円稼いでも満足できないのです。
 「インドの貧しく飢えたる者には食べ物を病んでいる者には医療を施せば救うことができます。しかし、財欲に塗れた日本人には付ける薬もなければ、与える薬もない」とマザーテレサが言ったそうですが、納得できます。
 宗門が取り組むグリーンプランは素晴らしい事です。しかし、実践している宗門人がどれだけいるか?ここが問題です。

 「藤本老師の記事・・・」?なんでしょう?
【2008/02/10 20:51】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/350-c1146fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる