FC2ブログ
刑務所のカラオケ大会・彼らの歌に仏心を観る
 2日は、熊本刑務所のカラオケ大会が午前9時半から11時半まで所内の体育館兼講堂で開催され、私は審査員として参加しました。
 審査員は、運動会の時にボランティアで参加しておられるバンドグループの6人と同じくボランティアで月1回、所内放送でディスクジョッキーを担当しておられるフリーのアナウンサー2人、そして所長と私の計10人でした。何と私が「審査員長」ということで最後には表彰式と講評をさせられたのでした。
 会場には約500人の受刑者の皆さんが集まり、年1回のカラオケ大会を楽しみました。出演者は14名、各工場(所内には、洗濯工場、炊事工場、内外掃工場など16の職域に分かれており各職域から代表選手が一人づつ選手として歌うのです。
 二つの工場から不参加で14人がエントリーしていました。
若い人が20代半ば、最高齢の参加者は71歳でした。
 曲目は、望郷じょんがら、陽はまた昇る、桜(コブクロ)、山河、二見情話、大きな古時計、群青、哀のブルース、恋人よ、冬桜、箱根の女、純(愛する者たちへ)、本日・未熟者など新しい歌から初めて聞く古い歌までそれぞれ日頃の練習の成果?を聞かせてくれました。
 どの方も、随分とカラオケに投資したんだろうと思われるように素晴らしい歌声でした。ある人は、故郷を思い、ある人は妻を思い、恋人を思って歌っていたように感じました。
 表彰は、特別賞と優秀賞、最優秀賞で合計7名が選ばれ、他の方には参加賞が授与されました。
 最後に、講評を求められましたので「皆さんの歌の上手さには驚きました。皆さん、心を込めて、そしてお腹の中から声を出して歌っておられた事に感激しました。皆さん方の心の中に仏心・仏様の心があるということを確信しました。これからも真面目に努めて頂いて1日も早く社会復帰して一般社会の中でカラオケを楽しんでください・・・」と述べました。
 司会者が所内の運動場に建てられた句碑に書かれている「開かれて 庭広々と 巣立ち鳥」という句を紹介されました。
なかなか味わいのある句です。
 皆さんのご感想をお聞かせいただければ幸いです。
スポンサーサイト



【2008/02/03 00:53】 | いのち | トラックバック(0) | コメント(4)
<<球磨村一勝地の意足院の説教 | ホーム | 縁(えにし)>>
コメント
こんばんは。
遅くなりましたが疑問に思ったことがありますのでコメント書かせていただきます。

和やかな雰囲気の内に素晴らしい喉の披露があったのでしょうね?受刑者にとりましては
長く厳しい獄中生活の中で一時の心安らぐ時間、至福を感じる一時だったことと思います。
恋人を思い、親や兄弟姉妹を思いながらの歌唱の中には、一日でも早い娑婆世界への復帰の願いが籠められていたのでしょう。
ところで
藤井老師が教誨師として受刑者に接する中で禁句となる言葉はあるのでしょうか?
また、出所後、関わりを持つことはあるのですか?
教誨師としての御苦労は計り知れないものがお有りかと思いますが、危険を伴う仕事に敢えて携わろうと決意したきっかけは何かございますか?
勿論、資格取得には難関の試験があるのだと思いますが?
いろいろ際どい質問をしてしまいましたが、人を更生の道へ導くことの大変さが少しでも理解できればと思いまので、答えられる範囲でお答え戴ければ幸いでございます。

またカラオケの話に戻りますが
カラオケ大会の出場者、最年少20代半ば、最高齢71歳とありましたが、71歳という年齢に驚いております。70代と言えば人生総仕上げの年齢に入るかと思います。刑期が何年だったのかは分からないにしましても、人間の悪の終止符はないのでしょうか?
【2008/02/04 22:46】 URL | 遠藤昌子 #Lx03s14c[ 編集]
 刑務所の教誨師になって12年になります。
熊本刑務所には、曹洞宗の教誨師が私ともう一人おりますので年6回のグループ教誨を担当しています。午後5時半から6時半までの1時間です。f般若心経5分、坐禅15分、修証義読経10分、法話30分です。
 教誨師の仕事は、彼らの「仏心」を信じる事から始まります。信じなかったらできません。
 このブログの11月に教誨師九州大会の話を書いておりますので読んでください。
 出所後に電話をくれたり会いに来る人もいます。
 熊本刑務所は、再犯者、長期刑の人が多いですから無期の人は何十年も入っています。
 逆に長い付き合いができるから教誨の効果が上がると思います。出所前に感謝して涙を流しながら分かれる人もいます。そんな時がとても嬉しく遣り甲斐を感じます。
 教誨師の資格は、教誨師会員2人の推薦が必要で総会で認められることが条件です。
 名誉職でできる仕事ではありませんから認められない人も時々います。
【2008/02/05 00:04】 URL | 藤井 #-[ 編集]
訂正。
私のコメント中の 分かれるは別れるの間違いです。
【2008/02/05 00:12】 URL | 藤井 #-[ 編集]
 教誨師として使っていけない言葉は
相手の心を疑う言葉とか差別的な言葉、侮辱する言葉は使わないですね。
 時々、叱責する事はあります。
相手の態度が悪いときや犯した罪について反省していない時はきつい事をいうこともあります。
 
【2008/02/05 01:02】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/346-d400a41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる