FC2ブログ
命の絆・・親子の原点を考える
 昨夜のブログで少しだけ書きましたが、昨日は、午後3時に法話を終って伊藤監院老師(総持寺の行政の責任者)にご挨拶をして帰りました。
 夕方は、品川駅前の日本料理店で、法話会に参加された東京にお住まいの志岐さんご夫婦と食事をしながら昔話から現代の様々な話題に話が弾みました。
 私が、島原半島の西有家町(現・南島原市西有家町)の龍泉寺様に役僧として勤めだしたのが昭和55年4月10日でした。その年の5月3日に亡くなられたのが志岐さんのお父さんでありました。
 お父さんは、元陸軍大佐でとても厳格な方だったようです。その時から、志岐家とご兄弟との出会いがあり東京出張の時は飲食を共にしたり家にも何度か泊めていただいたものです。
 志岐さんのお母さん、お姉さんとも亡くなられるまで長いお付き合いをさせていただきました。長男さんは、東京で税理士をしておられ、ご本人は、大手ゼネコンの設計部長だった方で定年後、悠々自適?の生活をしておられるようです。
 こうして、長いお付き合いをさせていただけることはとても有り難い事です。
 今朝は、羽田発9時5分の飛行機で帰熊。12時から檀家の13回忌の御供養。
 その後、4・7日の供養を済ませて2時に帰宅しました。直後には、大阪から檀家の娘さん夫婦が予定通りに来山され、拙寺の境内にあるお墓と本堂にお祭りしてあるご先祖様に結婚の報告をされました。お母さんは早く亡くなっておられましたがお父さんはお二人の御結婚を承知しながら挙式の前に亡くなられたのです。
 ご供養は、本堂のご本尊様の前にご両親のお位牌を移して、御夫婦と一緒に「仏説父母恩重経」を読みました。
 仏説父母恩重経というお経は、親が親として子供に対してどうあるべきか、子は子として親に対してどうあるべきかということを解りやすくカナで書いたお経ですから読めば内容がよく理解できますので多くの人が読みながら涙するものです。
 昨日から今日にかけて、志岐さん御夫婦と檀家の娘さん御夫婦と命の絆、親子の原点を見つめた二日間でありました。
 檀家とお寺・住職との関係は、お店とお客さんの関係ではありません。少なくとも、私の場合は、檀家とお寺・住職は親戚関係以上のものがあると考えております。従って、遠隔地の檀家の子供さんやお孫さん達にとって法泉寺は「故郷」だと考えております。
 住職は、檀家さんにとって、ある時は父母兄姉であると思います。
(注)住職は、男性だけではありません。

「故郷に命有り」人々の心の故郷であり続けたいと思います。

 昨日のブログには、総持寺の法話会に参加された栃木県のお寺のご住職の妹さんから暖かいコメントをいただきました。心から感謝致します。
スポンサーサイト



【2008/01/26 21:04】 | いのち | トラックバック(0) | コメント(2)
<<命の絆・・・父と娘の心中事件に思う | ホーム | 総持寺の法話会>>
コメント
土曜日は大変お世話になりました。
本当にありがとうございます。

帰阪後、私の母と電話で話す機会があったのですが
熊本の一件の話をしたら私の母も「貴子さんにとってもお父さんにとってもいいことをしてきたね」と申しておりました。

いただきましたご縁を大切にしたいと思います。
今後もどうかよろしくお願いいたします。

もしテレビなどでガンバ大阪戦を見ることがございましたら
ゴール裏のサポーター席にいる和尚にそっくりな私を探してみてください(笑)。
【2008/01/27 23:33】 URL | 徳丸進 #-[ 編集]
 徳丸さん、ご遠方までご苦労様でした。
温泉には入れましたか?また、是非お越し下さい。
 ガンバ大阪の試合は努めて見るようにします。
【2008/01/27 23:40】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/339-d80b6477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる