今日は、釈尊成道会
 12月8日は、お釈迦様がお悟りを開かれた日、成道会(じょうどうえ)です。全国各地のお寺では、成道会法要が行われました。
 拙寺も、午前10時半から法要を行いお説教をお勤めしました。
 人間には、誕生日と命日は必ずあります。生きている人にも何れ亡くなる日が来ます。しかし、私達凡人に無いのがこの「成道の日」です。
 お釈迦様は、29歳で妻子と王位を捨てて居城を出られて出家されました。その動機は、人間が生まれてからには避けることができない生老病死という四苦であったと言われています。
 苦行6年と言いまして山に篭り、断食や石の上に苦しい体勢で体に苦痛を与える苦行などを続けておられましたがどうしても最後の悟りの境地に到達できませんでした。
 山に篭って6年が過ぎようとしているある日のこと、農夫が「弦が強けりゃ強くて切れる。弦が弱けりゃ弱くて鳴らぬ。緩急等しく調子を合わせ・・・」と歌を歌いながら通り過ぎて行きました。
 その歌を聴いた釈尊は、「体を痛めつける苦行だけでは駄目なのだ」と気づいたそうです。それで、山を降りて尼連禅河という川で疲れ切った体を洗い休まれました。
 その時、スジャータという娘が、「聖なる修行者よ、どうぞ私の供養をお受け取りください」と言って乳で炊いた粥をご馳走したのです。
 その供養を受けられた釈尊は、菩提樹の下で坐禅を組み座り続けられました。それから7日目の朝、明けの明星を見てお悟りを開かれたということです。
 お釈迦様のお悟りは、理屈で考えると細かく難しいこともありますが、決して特別なものではなく、私達人間が生きるこの世の真実の姿を見極められたということです。
 世の中は、四苦八苦(生老病死、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五薀盛苦)。思い通りにならないものである。その世の中をどう生きるかということを指し示してくださったということです。
 私達、凡人の「悟りの日」は、お釈迦様の教えに従って正しく生きている時は「悟りの生活」でありますし、時として、邪な考え、行為を行うときは「迷ってる」と言うことが出来ます。
 「一切衆生悉皆成仏」という教えから考えますと、私達は、悟ったり迷ったりしながら生きていると言うことです。
スポンサーサイト
【2007/12/08 21:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<経営難の酪農家の方々 | ホーム | 北里敏明氏知事選出馬表明>>
コメント
こんばんは。私の門徒のお坊さんからのお説教もなかなか聞く機会が有りません。良い解りやすいお話で心が洗われます。その他の法要がある時には差し支えがなかったらお呼び下されば是非お参りしたいと思います。
【2007/12/09 23:00】 URL | #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/308-4bb100ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる