愚かなる大連立・・・実現しなくて良かった
 福田総理と民主党の小沢代表との党首会談が非公開で開催され、様々な憶測による情報が飛び交いました。
 一番危惧していた事が、自民党と公明党、民主党による大連立でありました。
 幸い、民主党の役員会で「参議院選挙で表された民意、ご支援していただいた国民の意志に反する」ということで連立は回避されました。
 当然のこととは言え、大連立の具体的な提案が福田総理から小沢代表に投げかけられた事自体が自公連立政権の末期的症状であり政権にしがみつこうとする自公政権の悪あがきでしょう。
 国会のねじれ現象で政治が停滞していると言うのであれば、参議院選挙で表された民意こそ大切にした政策が展開されるべきです。
 国民は、格差是正、年金問題の早期解決、社会保障制度の適正化、政治と金の問題など、国民生活に密着した問題の速やかな解決を求めているはずです。
 自民党が固執しているテロ特措法ではありません。自公連立政権は、テロ特措法の期限切れによる給油活動の停止を回避することに執着しています。この問題は、元々、安倍総理が参議院選挙が終って直ぐに延長なり新法の提案をしていれば期限切れを回避することができたかもしれないのです。それを何もせずに民主党の責任にすることは卑怯だといえないでしょうか。
 そして、大連立は自公連立政権の延命策に他ならないのです。それに民主党が乗る事は、国民に対する背信行為であり自殺行為であります。
 福田総理がこの政局を乗り切ることができないと考えるのであれば民主党の政策を受け入れて国民生活第一の政策に転換することです。
 それができなければ、潔く衆議院の解散総選挙に踏み切って国民に選択の機会を与え民意を聞くべきです。
 私は、未だ嘗て自民党を良い政党と思った事がありません。父は自民党支持者で亡き坂田道太先生を支持していました。しかし、私は、この日本社会を発展させながらも、政・財・官の癒着による利権支配で国民の血税を食い潰し借金大国にしたのも自民党一党支配の弊害だと考えています。これは、今も尚続いているのです。
 税金を食い潰す特殊法人を解体して特別会計を廃止し、官僚の天下りをなくし、建設業界や政府から仕事を受注する企業からの政治献金を全て禁止したら無駄に使われない税金が13兆円になります。それは、国民負担を軽減し社会保障を充実することになります。勿論、税負担の軽減にもなるのです。
 大連立よりも衆議院解散総選挙こそ早期に行われるべきだと思います。
   
スポンサーサイト
【2007/11/03 00:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<埼玉の女性殺害事件・・これでいいのかこの社会 | ホーム | プロ野球日本シリーズ・中日優勝>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/285-a5d339fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる