沖縄に学ぶ・平和講演会のお知らせ
 11月18日(日)、13時30分から15時30分まで、宇城市の不知火公民館で沖縄に学ぶ平和講演会を開催します。 歴史教科書検定で、沖縄戦の集団自決には軍の関与はなかったとする文部科学省に対して、沖縄では11万人が集まり検定意見の撤回と記述の回復を求めました。
 政府、世論の右傾化に歯止めを掛けて、平和憲法を持つ平和国家として世界の平和に貢献するのが我が国の本来、あるべき姿であります。
 沖縄に学ぶ平和講演実行委員会では、なぜ、集団自決という悲劇が起きたのかを直接お聞きし平和について考えます。
 講師は、那覇市で小学校の教師をしておられる
下地史彦さん(52歳)です。
 下地さんは、2001年から2004年にかけて、沖縄県教職員組合教育文化部長。2005年から沖縄県教職員組合中央執行委員、沖教組教育研究所事務局次長を兼任する他、沖縄平和運動センター平和ガイド養成のための講習、認定に携わっておられます。
 現在、那覇市立城東小学校に勤務。
著書に、「いのちを学ぼう平和教育実践集」汐文社(共著)、「沖縄をどう教えるか」解放新聞社(共著)があります。

 入場料は500円です。多くの方のご参加をお待ちしております。
入場券の申し込みは、0964-22-1209(藤井)
宇城市職員組合事務所0964-33-6422までお願いします。
 主催は、「沖縄に学ぶ平和講演会」実行委員会
 実行委員長  宇土泉爾(九条の会)
 副実行委員長 中島扶美博(連合宇城地協議長)
  同     藤井慶峰 (宗教家)
 教科書検定によって集団自決事件に日本軍が関与したという事実が削除された事に対する沖縄県民の怒りが11万人大集会という形で現れ、やっと文科省も教科書出版会社も削除して部分の復活に向け立ち上がりました。
 歴史を歪曲する国に本当の教育はありません。あるのは、子供達に対して要領よく世の中を生きていく事、ずるがしこい生き方を教える事です。今の、犯罪大国というこの国の姿が間違った教育の結果である事を大人が学ぶべきです。
 政治家、経済人をはじめとして大人が悪事を働き、国民を欺いて何が道徳でしょうか、公徳心でしょうか大人が自らの生き方を正すべきであります。
 多くの皆様のご来場をお待ちしています。
スポンサーサイト
【2007/11/14 00:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<テロ特措法・・「国際貢献」は自衛官に「献身」させることか | ホーム | 第21回熊本県部落解放研究集会と映画「新・あつい壁」>>
コメント
はじめまして

静かに志(世界平和)を達成する会

志静会の三木と申します。

サイトを拝見させていただきました。

心から日々の献身的活動に敬意を表します。



私は個人的にTMというテクニックを29年

実習している47歳

会社員です。



森はその構成単位である木の集合体です。

個々の木が健康で青々しているから、

森全体も青々としています。



世界もその構成単位は個人です。

個々人が真に平和であるとき

その集合体である世界も真に

平和であると私は思います。



これが世界平和の状態です。

個々人が真の平和を享受することが

世界平和を実現するための

必要絶対条件です。



木は目に見える幹や枝や葉と

目に見えない根に大別できます。



植物のことを知らない人は

葉に元気がないと、数万枚

あると思われる葉っぱを

一枚一枚ケアしようとする

かもしれません。



実際は、根に水をやることにより

木全体に滋養をもたらし、木全体

の元気が回復します。



これと同じように、個人が真に平和

である為には、個人のかかえる個々

の問題をひとつひとつ扱うよりも、



「根に水をやる」ことによりその人

のあらゆる面が豊かになります。



TMはまさに、個々人の根に水を与える

ようなテクニックです。



4歳から誰でも実習でき、世界中約600

万人が実習しています。



キリスト教徒、イスラム教徒、仏教徒、

無神論者、拝金主義者など



あらゆる宗教、思想を持つ方々がテクニック

として実習しています。



1972年、アメリカの都市で人口の1%

以上がTMを実習している都市では、同じ

ような対象都市に比べて、犯罪率が平均15%

も激減しました。これはFBIが調査したものです。



これは、TMが世界平和をもたらすテクニックである

可能性を示唆しています。



刑務所にもTMが導入され、導入後再犯率が90%から

10%以下に激減。なかには、刑務所に受刑者がほとんど

いなくなってしまったセネガルの例もあります。



TMのサイトをご覧いただければ幸いです。

私、三木47歳は、必ずこの命あるうちに

戦争の全くない世界平和を享受することを切望しています。



待っていても何もおこりません。

目標:三木が生きているうちに世界平和を実現すること

手段:個々人に真の平和をもたらすTMを自ら実習し、自ら平和を享受し尚且つ、

多くの方々、とりわけ世界平和を希求する方々にTMを紹介することにより

1.TMをより多くの志ある方に知っていただく。

2.より多くの方にTMを実習していただく。

3.戦争のない、犯罪のない、イジメや自殺のない真の世界平和を実現します。

http://tmsite.blog40.fc2.com/blog-category-6.html

http://tmwave.com/



平成21年3月24日

三木 康



【2009/03/24 22:36】 URL | 三木 康 #a2H6GHBU[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/279-0e840277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる