弱者切捨て社会が犯罪の多発化を招く
 小泉・安倍内閣は、行財政改革と規制緩和を強行しました。地方に対しては交付税の削減や福祉行政の切り捨てを押し付けました。
「自己責任」と言う言葉が、市役所の職員の中でも随分と多用されました。
 障害者自立支援法が国会に上程された直後に、この法案は自立を阻害するものであると考えた私は、市議会に「慎重審議を求める意見書」を提出し全会一致で採択され国会に送られました。しかし、同法は成立し障害者の経済的負担を増加させ自立を阻害しています。
 その他にも、福祉予算の切捨ては、公的支援を必要とする人々をますます困窮させる結果になりました。
 行き過ぎた規制緩和は、バス会社、酒類販売店、介護事業など多くの業界に過当競争を強いる結果となり、倒産に追い込まれる商店や会社も増加しています。
 バス会社に至っては、旅行会社から「値引き競争」に駆り立てられ、運転手の過剰労働による過労から居眠り運転による重大事故の多発化を招いています。
 派遣労働、パート労働、契約社員の増加は企業に対しては空前の利益をもたらしていますが、働く人たちは、その多くが年収200万円未満の低所得を余儀なくされています。
 「今日、食べる物がない」という生活困窮者は、物乞いをして恵んで貰うか、拾って食べるか、餓死するか、盗むか・・・という窮地に追い込まれてしまっています。
 先日、126円のパンを盗んで店長から蹴られて51歳の男性が亡くなりました。数週間前にも同様の事件が発生しました。
 逆に、万引きした犯人を追いかけた男性店員が刺殺されるという悲劇も起きています。
 万引きをする方とされる方の関係が殺すか殺されるかということになることは悲劇であり不幸な事です。
 政治を司る方々や裕福な人達にとっては「下々の小さな出来事」に過ぎないのかもしれませんが、このような事件の多発化の原因は、政治の失敗にあるということを知るべきです。
 悪政に苦しむ国民の皆様、その怒りを政治に向けようではありませんか。
 「世の中が悪い」と思ったら変える努力をすることだと思います。
 
スポンサーサイト
【2007/10/07 13:44】 | いのち | トラックバック(1) | コメント(0)
<<郵便業務の縮小 | ホーム | 刑務所の中の介護>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/263-34dcaf2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非
 日頃、湯水のようにニュースの中でに流れては消えていく殺人事件。そこで実際に何が行われたのか、ということを知るのは、死刑制度や少年法の改正などを考える上で重要なことだと思います。頭に『猟奇』や『凶悪』の二文字がついたところで一年も経てば大抵は忘れられてし 犯罪がいいと思う【2007/10/12 12:34】


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる