FC2ブログ
小泉・安倍政権、悪政の象徴・・・地方と弱者切り捨て(訂正有り)
 今月1日、史上最悪の総理大臣小泉純一郎が、執念を燃やして国民を欺き、馬鹿議員を恫喝して成し遂げた郵政民営化がスタートしました。
 もう既に、過疎地の簡易郵便局は、悲鳴を挙げ、閉鎖に追い込まれたが417局にも上ります。また、集配業務を取り止めた局が1048局にもなるそうです。
 過疎地に住む人々にとっては、唯一の金融機関である郵便局がなくなるということは、公共料金の支払いや年金の受け取り、預貯金の預け払いができなくなると言うことです。
 また、郵便局職員さんは地域の人間関係のつなぎ役でもありました。
郵便配達の時に、各家庭の住人と顔を合わせる。それは、所在の確認でもあり健康状態まで確認できる大切な業務でもあったのです。
いつも縁側に座っているおじいちゃんやおばあちゃんの姿が見えないと郵便配達員は声を掛けて安否を確認してくれるのです。
 また、交通手段の無い人の金銭の受け払いなども気軽にやってくれたものです。それが、分社化によって別会社となってしまいましたからそういう行き届いたサービスができなくなってしまいました。
小泉は都会育ちの苦労知らずのお坊ちゃまですから地方の苦しみなど分かるはずもありません。
 私が、一番悔しいのは小泉を取り巻く自民党議員も公明党議員も民営化が及ぼす弊害を訴えて民営化を止めさせることが出来なかった事です。本物の政治家とは、例え我が身が危うくなろうとも身を挺してでも諫言することのできる人を言うのです。
 元自民党の衆議院議員で郵政解散選挙で落選した木内実さんや郵政解散選挙で小泉と戦って自民党への復党をしない政治家達は本物と言えると思います。
 小泉は、「過疎地の郵便局も維持する義務を負わせる」と言っていましたが民間会社になった4社に対して赤字になることが分かっており、将来、会社の重荷になるものをどうして維持するでしょうか。
 郵政事業は3事業を一体でやっていたからこそ維持できていたのです。
 郵政民営化によって、過疎地の人々に対して「とっとと死ね」と小泉は言っているとしか思えません。
 企業が利益を上げられるようにした派遣労働法や障害者自立支援法は若者の自立、障害者の自立を阻害する悪法でしかありません。
 小泉・安倍とつづくお坊ちゃま馬鹿内閣は史上最悪の後遺症を国民に残したのです。
 私は、官僚や一部の政治家の利権を放置し弱い立場の国民に負担を強いる悪政とは戦い続けます。
 
スポンサーサイト



【2007/10/03 21:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<コメントに感謝します | ホーム | 若山牧水の故郷・・日向市坪谷>>
コメント
お邪魔します。
郵政民営化、いよいよスタートしましたね。

あの法案が強行採決された時、日本の民主主義は地に落ちたと思いました。
反対議員を党追放という脅しをかけて、最終的には反対できないような前例を作ってしまいました。
小学校の学級会の方が、まだマシです!
大人が、しかも日本を代表する立場の人間がああいったことをすれば、「脅し」を認可したことになります。
国会議員はたとえ同じ党員であろうと、その前に国民の代表であることを忘れてはならないと思います。
たくさんの法案が出る中、違う意見があって当然なのです。
それを議論していくことこそが大切なのに・・・。
民営化になり、地方の簡易郵便局は消滅しました。

民営化になって良かったこと?
職員さんたちが親切になったことでしょうか?
今日、荷物を送ろうと郵便局に行きました。
本をたくさん詰め込んだ箱を、しゃがんで車から降ろしていたら職員さんが飛んで来て運んで下さいました。
今までだったら絶対にないこと(笑)
でも本当は、民間で無くともお客様に親切にするのは当たり前なんですよね。

【2007/10/05 01:40】 URL | アイリッシュ #YDMpdJ56[ 編集]
 アイリッシュさん コメント有り難うございます。
ご指摘の通りです。ただ、私の知っている郵便局の職員さんたちは民営化が決まる前からとても親切でした。
 逆に、民営化によって職員の削減、臨時職員の増加、合理化による職員の精神的余裕がなくなることがもっと心配です。
【2007/10/05 08:48】 URL | 藤井慶峰 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/258-ac6937c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる