福田内閣誕生とこの国の行く末
 自民党の福田康夫氏が衆議院で総理大臣として選ばれ福田内閣が誕生しました。
 参議院では、民主党の小沢代表が選ばれましたが衆議院の結果が優先するという国会法の規定で福田総理の誕生となりました。
 さて、自公連立政権も参議院選挙の結果を、「民意」と受け止め、政治資金規正法の領収証添付を一円以上にすることを決めました。しかし、これは「一般公開」するのではなく第三者機関を設置してそこで公開すると言うマヤカシ物でしかありません。
 本来、国民の税金を使うのですから、一円から領収書を付けるのが当たり前であり、一般に公開するのが筋というものです。
 結局、自民党議員は「金権選挙」「金権体質」が当たり前でありますから自民党が政権の座にある限り裏金作りの為の不正は無くならないのです。
 この金権体質が、これまで公共工事や様々な許認可、補助金などから不正な賄賂、献金など税金の無駄遣いを続け一千兆円を越える借金を作ることに手を貸したとも言えます。
 以前にも書きましたが、公共工事の受注額の5パーセントが自民党国会議員に、1パーセントが自民党県議会議員に入るというのが常識だったのです。そして、地方自治体の長や議員にも流れて行ったのです。
 社会福祉法人の許認可に際しても国会議員の口利き、本当に口利きするかどうかは分かりませんが自民党の国会議員から賄賂や政治献金を求められることもあったそうです。
 長崎県で病院と社会福祉法人を営む知人の医師は、特別養護老人ホームを開設する為の認可申請を出した時に、地元選出の、しょうがない国会議員の秘書から「許可をとってやるから5000万円だしてくれ。後は選挙の度に5000万円を献金してくれ」と請求され怒りまくって私に話してくれました。
 彼は「出さない」と言ってましたがその後は敢えて聞いておりません。
 こういう裏金の捻出の方法は、施設の建設費や設備費などを水増しして補助金を多めに受けたり、建設業者に高めの金額で受注させて、一旦支払った経費から政治家に流れるようにする方法があるのです。
 こうして、莫大な額の税金が「横取り」され無駄に使われてきたのです。
 このような体質は、福田内閣に変わっても自民党が政権与党である限りなくなることはないでしょう。
 参議院で多数を占める民主党が、国政調査権を行使して、これまで明らかにされなかった影の部分が表面化することによって政治の流れは一気に加速し自民党の崩壊が早まる事も有り得ます。
 福田内閣は「自民党政権崩壊内閣」になる可能性もあります。
 福田内閣は、民主党に譲歩する形の法案を色々と出してくる事でしょう。それは、国民にとって好ましいことだと思いますが、裏を返せば小泉・安倍と続いた弱者切捨て、金持ち優先政策が国民にとって悪政であったことの証左ともなるのです。
 どこまで、この政権が路線の変更を進められるかによって国民生活も我が国の進路も大きく左右されましょう。
 
スポンサーサイト
【2007/09/26 01:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ミャンマーのデモ弾圧を憂う | ホーム | 民主党県連常任幹事会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/251-0bc98cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる