FC2ブログ
福田総裁誕生・・・予想通りの展開
 安倍総理の突然の辞任により、後継総裁選びが始まりました。
 俄に浮上してきたのが福田康夫氏であります。
 私は、安倍総理が辞任した時から福田総裁の誕生を予測していました。
 その理由は、麻生氏は、安倍総理の片腕であり今回の辞任劇の責任を負うべき人であります。その人が総裁に選ばれる事になれば益々、自民党に対する批判は高まりましょう。従って、今回の総裁選挙は、福田氏に一本化され無投票になる公算が極めて高いと思います。
 一方、小泉チルドレン達31名は、小泉再登板を画策しておりますが、古参議員は、参議院選挙惨敗の原因の一つに「小泉改革」があることを知っておりますからこれに同調する事はありません。
 じたばたしているのは、小泉人気で「たなぼた当選」を果した小泉チルドレン達で、次期総選挙での再選が難しい事を承知しているからであります。
 彼らは、海銭山銭、修羅場をくぐってきた古参議員にとっては、カネにならないどうでも良い議員であり、金権政治・利権政治をやっていく為には邪魔な存在でしかないのです。
 福田総裁は、小泉・安倍政権とは一線を隔してきましたので、どんな政策を展開していくのか見ものです。
 民主党としては、福田氏以外の総裁の方が戦い易かったかもしれませんが解散総選挙へ追い詰めていく事に変わりはありません。
 大多数の国民の幸福を願っている政党は自公ではないことは確かです。
 この自民党総裁選挙の戦いの中で「自民党存亡の危機」を訴える議員は多くいますが「国民の為に」という声が聞えてこないのは「党利党略」しか考えていないことの証明でもあります。
 私は、こような利権政党に国の未来を託す事はできません。
スポンサーサイト



【2007/09/14 00:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<福田対麻生の一騎打ち | ホーム | 国民生活無視の自民党総裁選び>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/241-0e6a8488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる