FC2ブログ
テロ対策特別措置法の延長は不要
 自衛隊が中東に展開するアメリカ軍の艦船に対して燃料を給油する活動の根拠となっている「テロ対策特措法」の期限切れが11月1日に迫り、安倍内閣は同法の期限延長を計画しておりますが、参議院で圧倒的多数を占める民主党と他の野党は反対を表明しています。
 無所属の江田衆議院議員の調査によって、自衛隊から給油を受けた艦船がアフガニスタンではなくイラク攻撃に使われていると言う事実も判明しました。これは、言わば、我が国がイラク戦争に間接的に「参戦」していると言う事です。
 平和憲法を持つ我が国がこのような行為を行う事は決して許されないと思います。
 元々、アメリカがアフガンやイラクに対して戦争を仕掛けたのは石油資源を確保する事が本来の目的であったと言われています。
 ブッシュアメリカ大統領は「テロとの戦い」と言っておりますが、弱小国、弱小組織がアメリカのような大国と戦う手段はテロ以外にないのです。テロを誘発したのもアメリカの覇権主義であります。
 テロ特措法の期限が切れるこの機会に、我が国は、アメリカとの共同戦線から離脱すべきではないでしょうか。私は、そう思います。
 戦争は、最たる環境破壊であり老人から子供まで男女を問わず不幸に貶める愚かな行為であります。
 お釈迦様は、「総ての者は暴力に怯えている。暴力は暴力でなくす事はできない。怨みは怨みをもってなくすことはできない」と暴力と恨みを否定しておられます。
 アメリカが、覇権主義を続ける限りテロ攻撃も限りなく続くということです。
 テロ特措法は、期限切れにして平和な道をあるくことを選択すべきです。
スポンサーサイト



【2007/09/10 19:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<安倍総理の退陣・・・時機を失した無責任な決断 | ホーム | 出会いから33年・・・出会いに感謝>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/238-3d3b2281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる