FC2ブログ
明日からお盆です
 いよいよ明日から3日間は旧盆です。全国的には圧倒的に8月のお盆が多いようです。都会で働いている人たちが一斉に故郷へと帰って行きます。
 この時は、ご先祖様も家に帰ってくると言う考え方が定着しています。家族皆でご先祖様に感謝し自分達の命の在り処を考える素晴らしいわが国の素晴らしい習慣だと思います。
 このお盆の由来は、お釈迦様の御在世の頃、神通力を持った弟子の目連尊者が亡くなったお母さんに会いたくて神通力を使って会いに行きましたが、天上界にも菩薩界にもその姿を見つけることができませんでした。やっと、探し当てたお母さんは、餓鬼界に居て、体は痩せ細りお腹だけが大きく膨らんでなんとも痛ましい姿でありました。目連さんは、母のその姿に涙し、自ら水や食べ物を食べさせようとしましたが口元まで運んでいくと悉く炎と化して食べさせることができませんでした。
 困惑した目連さんは、お釈迦様の元へ行き、事の次第を話しました。
 「お前の母親はも、人一倍お前のことを可愛がっていた。その思いが強過ぎて他人に施しをすることをしなかった。その強い我欲が原因で餓鬼道に堕ちて苦しんでいるのだ。救済する為には、7月15日に3ヵ月間の禁則修行が終わる僧を招いて供養することだ」とお話になられました。
 目連さんは、早速、多くの僧達にお願いしてご供養をし母への追善供養を行いました。その結果、母は餓鬼道から仏界へと上って行きました。
 この話が、わが国で行われているお盆の行事であります。
「お盆」の原語は「ウラバンナ」で「逆さづりにされている苦しみ」という意味です。
 お盆は、慈悲行(奉仕の心)に目覚め、自らの命を見つめる大切な儀式であります。

 (お知らせ)今月17日午後7時からウイング松橋で宇土高校PTA南ブロックの研修会で講演します。演題は「命を語る」です。世話人さんの話では、随分席が空いているようですからご希望の方はお出かけください。
スポンサーサイト



【2007/08/13 00:24】 | いのち | トラックバック(0) | コメント(0)
<<宇土高校南ブロック講演 | ホーム | 施食法要の布教から帰りました。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/221-f17c255e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる