FC2ブログ
ガソリンを使った凄惨な放火殺人事件に深い悲しみと強い怒りを覚えます。
 18日、京都市でビルの事務所内にガソリンを撒いて放火するというとんでもない放火大量殺人事件が起きました。
放火された会社は、アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区にあるスタジオで70人の従業員が働いていたそうで、約半数の33人が亡くなり、他の殆どの人達も重軽傷を負っているということです。
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、重軽傷者のご回復を心からお祈り致します。

警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以後では最悪だそうです。
京都府警によると、身柄を確保された男は運転免許証などから関東在住の41歳で「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、放火殺人事件として調べているそうですが、何と残酷なことを、怒りが湧いてきます。
 ガソリンとは、本当に恐ろしいものです。揮発性が高く僅かな火花でも大爆発を起こします。瞬時にして周辺の物を炎で焼き尽くします。一度爆発したら水での消化は殆ど不可能です。

 灯油とか潤滑油として使うオイル等は、布とか紙に沁み込ませないと単体だけでは比較的に燃え難いものですが、盃一杯よりもス少ない量のガソリンを混ぜれば、僅かな火の気でも一気に燃え盛ります。それ程、怖いものなのです。

 どんな理由があってこのような凄惨な事件を引き起こしたのか分かりませんが、余りにも愚か過ぎます。
 犠牲者の皆様も突然、このような凄惨な事件に巻き込まれるとは、想像だにしておられなかったはずです。
本当に悲しくて遣り切れない思いがします。
 
 
スポンサーサイト



【2019/07/19 00:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 映画「新聞記者」を観よう。嘉島のイオンシネマでやってます。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1805-4a47772b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる