熊本三区衆議院補選と参議院比例の候補者選び
 昨日、松岡利勝衆議院議員の急逝による熊本三区の補欠選挙に自民党県議会議員合志市選挙区の荒木義行氏が無所属で立候補することを表明された。
 この補選には、既に前衆議院議員の坂本哲志氏も立候補を表明しておられる為に自民党は実質的な「分裂選挙」となる。
 一方、民主党も候補者の人選を進めているがまだ未定だ。
この補欠選挙、自民党の分裂選挙の影響がどうでるのか?また、松岡氏の疑惑を残したままの自殺がどう影響するのか?
 民主党が何処まで闘えるのか?全国の注目を集める熱き戦いが繰り広げられている。
 さて、民主党本部は比例区に鹿児島のプロゴルファー横峯さくら氏の父親を公認候補として擁立することを発表した。このニュースが出てからインターネットでも賛否両論の意見が飛び交っているが、ミクシィでは圧倒的に否定的な意見が多い。比率にして9対1ぐらいであろうか。
 私も賛成できない。横峯氏は「学校教育を変えたい」という発言をしておられるが、学校教育の現状を分析し、何処がどう悪いのか、その原因が何なのか、だから何処をどうするのか。具体的な考えも披露せずにただ「変えたい」では、納得はいかないし国民の理解も得られない。
 長崎県選挙区で自民党から立候補予定の国見高校サッカー部総監督小嶺忠敏氏も「今の学校教育は変えなければならない」と立候補の理由を語っておられたが、今の教育を推進してきたのが自民党政権であることをどう考えておられるのだろうか?
 私自身、小嶺氏を存じ上げているが敢えて苦言を呈したい。
長崎県内の友人知人が「サッカーを続けていれば良いのに・・・政治家なんかを志して・・・例え、政治家なっても今までのイメージが壊れてしまう」と口を揃えて言っていた。
 横峯氏と小嶺氏どちらにも共通するのはプロ選手を育てることだが政治の世界に入って泥水に染まぬことを願いたい。
スポンサーサイト
【2007/06/12 09:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<不憫な女子高生・・・寛大な措置を望む | ホーム | 映画「新・あつい壁」の上映会を開催しました>>
コメント
そのまんま東さんみたいに自分で地方自治の勉強して、安定した現状を捨てて政治の道に挑戦した人は素晴らしいと思います
しかし、人気が有るからと選挙に担ぐ自民党、民主党、担がれる本人も国民をなめてるとしか思われません
小沢民主党では自民党との違いが何処にあるでしょう?
しかしながら、今の年金問題、グリンピアの年金無駄ずかいなど考えれば、それを主導して自民党を許すわけにはいきません
今度の参議院選挙は国民の意思を主張する大事な機会だと思います
【2007/06/12 21:49】 URL | 馬の助 #-[ 編集]
馬の助さん、コメントありがとうございます。ご指摘の通り、民主党の中には自民党よれ右よりの人がかなりおられます。
 特に旧自由党から来られた方々はその傾向が強いです。
 横峯さんも小嶺さんも「知名度」で担ぎ出されたのでしょう。
【2007/06/13 00:19】 URL | 藤井 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/179-b565d907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる