FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
昨日(2月26日)宇土市議会本会議一般質問の内容です①
(藤井)
 一昨年4月の熊本大地震によって倒壊しました市庁舎の再建準備が進められておりますが、市民の中には、今度の新庁舎はどんなのが建つのだろうか、という期待をもって見ておられる方が数多くおられます。議会でも特別委員会を設置して執行部の考えをお聞きし、先日は、甲佐町、玉名市、山鹿市の新庁舎を視察にも行きました。
 議員各位も夫々自分なりの考えをもっておられることと思います。それはそれとして、新庁舎の建設に当たっては、その時の市長の考え方も大きく反映するものと思います。自治体によっては,市庁舎の中に図書館や公民館などを併設している所もありますが、元松市長は、どのような市庁舎を建てられるのだろうかと思っておられる訳であります。それが、実現するかしないかは別として、元松市長自身の言葉で新庁舎建設に取り組む考えをお聞かせいただきたくお伺いします。
元松市長に答弁をお願いします。
(元松市長)
市庁舎と図書館や公民館などの文化活動的な施設との複合化につきましては,平成27年度,学識経験者や市内団体の代表者等で構成する宇土市庁舎建設検討委員会において,新庁舎が持つべき機能について審議をしていただき,多くの市民が集えるように,交流や情報発信できるスペースなど,複合的な機能を持った施設としての検討や,他の公共施設との複合化も視野に入れた検討を行うべきであるとの答申を受けておりました。
市では,平成28年度において,新庁舎建設に関する住民アンケートや公共施設等総合管理計画事業における各施設の耐用年数,耐震化の状況調査を実施し,その結果を踏まえて,複合化について検討することとしておりました。
そして,新庁舎建設に関する住民アンケートを発送した当日の夜に発生したのが,熊本地震であります。この地震によって,市庁舎をはじめ,多くの公共施設が被災しました。中央公民館につきましては,外壁・内壁・天井が崩落し,使用不能の状態となりました。図書館につきましても,壁面の亀裂や本棚の転倒・損壊等で一時使用ができない状態になり早急な対応策が望まれることとなりました。
しかし,熊本地震からの復旧復興に莫大な財政需要が必要となる中,辛抱をするところは辛抱をする。修繕をして使える施設は使うといった考えが大事であるとのことから,平成29年3月に策定しました公共施設等総合管理計画において,各施設に関する基本的な方針を定めました。
・市役所本庁舎については,解体し,建て替えを行う。
・中央公民館についても,解体し,建て替えを行う。
・図書館については耐震改修を行い,当面は維持していく。近隣自治体との相互利用も見込まれるため,今後の在り方については,適宜,見直していく。
 この基本方針を基に,図書館は,庁舎との複合施設ではなく,今年度,耐震改修の設計を行い,改修工事の発注を実施しましたが,入札不調になりましたので,繰り越しを行い,引き続き改修工事を実施することとしております。
そして,市庁舎と中央公民館につきましては,解体後,新たに施設を建設することとしております。ここで問題になるのが,財源です。国から最大限の財政支援を受けるために,両施設とも,一般単独災害復旧事業債の充当を考えておりますが,この場合,現在地に建設することが基本となっています。現在地以外に建設した場合,起債の対象外となる,有利な起債が使えないということになります。市の後年度の財政負担,市財政の健全化を保持していくためには,この一般単独災害復旧事業債を使用することが,ベストな方法であると判断しました。
昨年度に実施した住民アンケートの中には,全世代を通して,行政機能と他の機能との複合化を望む声が多くあっておりましたが,中央公民館については,元の場所に再建することとしております。
市庁舎につきましては,現在,新庁舎建設基本計画を策定しておりますが,その中で,市民の皆様の憩いの場,あるいは市民の皆様が作られた芸術作品等を展示できる「市民交流スペース」の設置など,市民の皆さんが気軽に集えて,交流を深める場としての機能を充実させていきたいと考えています。
スポンサーサイト
【2018/02/27 07:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<3月議会一般質問「不登校と引き籠り対策について」① | ホーム | 12月議会での一般質問を公開します。元松市長と私の質疑です。③>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1772-1f53266d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。