スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
小松裕先生追悼文②
小松裕先生追悼分②

2、小松先生と共通する立ち位置
 私は、曹洞宗の人権啓発相談員という仕事を4年間勤めて来た。
この仕事は、全国の宗務所の人権擁護推進主事(約70人)の指導や、宗門内の人権研修会の指導を担う重責を負う役職である。
 曹洞宗人権啓発基礎テキストの発刊に当って①水俣病問題と人権②ハンセン病問題と宗教③刑務所から社会復帰した人達の人権、④児童虐待について⑤ドメスティックバイオレンスについて執筆した。
 また、曹洞宗人権啓発ビデオ「寝た子を起こすな、その差別思想を問う」、「ハンセン病問題・私達が問われるもの」2本のビデオの制作委員も務めた。
 また、2001年(平成13年)5月11日、熊本地裁で下された「らい予防法違憲国家賠償請求訴訟」の原告全面勝訴判決を受けて発表した「全国同和問題に取り組む宗教教団連帯会議」の判決に対する公式見解の原案と同年6月28日に曹洞宗宗議会で決議された「ハンセン病問題での謝罪決議文」の原案も執筆した。
 また、中山映画株式会社の中山節夫監督、ハンセン病に対する偏見と差別による冤罪で死刑になったFさんの教誨師を勤められた坂本克明牧師に請われて製作上映実行委員会事務局員として製作した「新・あつい壁」も私の人生にとっても忘れることのできない思い出である。
 このように取り組んで来た課題が小松先生と共通するものが多かったことは深く通ずるものがあると思う。
小松先生が読んでくれていた私のブログでは、ハンセン病問題について、F事件についても連載したものだ。
御承知の通り、ハンセン病問題は、今も尚偏見と差別が解消されたとは言い難く、今年はハンセン病患者だった人達の御家族や御親戚の方々が原告となって国を提訴している。
 私は、宇土市議会議員を10年勤めているが、何故に住職である私が政治の世界に入ったのかというと、政治が間違えば国民市民は不幸になるからだ。
 大凡、宗教界、教育界、政界、経済界にある人間は、自分の立ち位置というものを自分なりに確立しなければならない。
 現代は、新自由主義という人も命も自然も大切にしない風潮が台頭して政治家の汚職、政治資金の不適切な運用が日常茶飯事の如く行われている。
検察官が証拠をねつ造したり冤罪をでっち上げたりして司法の独立さえも脅かされている。
 安倍総理が国会の答弁で「私は立法府の最高責任者だ」と中学生でも知っていることを間違って何度も答えている。もしかすると安倍総理は、本気で立法府の最高責任者と考えているのか、行政府と立法府のどちらも自らが最高責任者と考えているのかもしれない。つまり我が国には「三権分立はない」と言いたいのかと勘繰ってしまった。
 国家の最高法規である憲法をその時の内閣の都合で勝手に解釈改憲するようなことが許されるはずがないのに強引に押し通してしまう手法は、立憲主義、民主主義の破壊でしかない。
 一国の総理大臣がこの程度では、国民が幸せになれるはずがないと思う。
 嘗て、政治家や官僚は、国を思い国民を思ってその道を目指し働いた人が多かったと思う。しかし、今はどうだろう、国民の納めた血税を私利私欲の為に浪費する輩が多過ぎはしないだろうか。
 折しも本日、舛添東京都知事が政治資金の不適切な使用や公用車の私的利用などをマスコミに叩かれ、更に都議会で追及され「不信任決議案」が提出される前に辞表を提出して辞任に追い込まれた。尤も、追及している都議会議員も同じ穴のムジナと言われて久しい。
前知事の猪瀬直樹知事も医療法人徳州会から受け取った5000万円を政治資金収支報告書に記載せず追及され辞任に追い込まれた。
二代続く知事の不始末に都民の怒りも頂点に達した感がある。
 他にも汚職に手を染めた議員は山ほど居るのがこの国の政界だ。
 地方議員から国会議員、首長までこの国の政治家は、選挙に金を使うことから原点から間違っている。選挙に金が掛るから当選後は、その穴埋めの為に汚職に手を染めることになるのだ。
 また、政権与党側に居ることによって、様々な利益を享受している者も多い。
そのような者は、常に長い物に巻かれ続けているようなものだから正論を吐くことはしない。いや出来ないのだ。
 勿論、真っ当な政治家も居ることも確かである。
 田中正造翁は、足尾鉱毒事件でも、徹底して被害者の立場に立って我が身を犠牲にして救済に尽力された。その立ち位置は、常に社会的弱者の立場であった。
 小松先生も私もそんな田中正造翁に対する尊敬の念と自らの立ち位置は同じだと思う。
スポンサーサイト
【2017/06/20 16:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<小松裕先生追悼文③ | ホーム | 田中正造研究会で故小松裕先生の追悼文集を発行します。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1754-0061d289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。