スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
九州平成義塾鹿児島大会に参加しました。
 1993年から九州各県の7新聞社が共同で地域づくり推進とニューリーダーを育てることを目的に始めた九州平成義塾、2巡目が九州発見塾、3巡目、九州創発塾と21年間続いた2泊3日の研修会。その参加者を中心に創られた団体が各県の「平成義塾」であります。平成義塾熊本は、会員数70名で私が塾長を務めています。
 月例会の開催や勉強会、シンポジウム「若者と貧困問題」、「遺伝子組み換え作物」などの勉強会の開催、菊池恵楓園入所者への母の日のカーネーション、父の日の薔薇のプレゼントなどをやっていおります。
 昨年6月には、第一回九州平成義塾熊本大会を主催し「道州制と九州」について研修会を開催しました。

 19日と20日の2日間、平成義塾鹿児島が主催する「2015平成義塾鹿児島大会」に参加しました。
この会は、行政に頼らず、平成義塾鹿児島の会員が協力して自らの手で計画し実行した研修会で約70名の参加で素晴らしい会となりました。
 19日の午後、鹿児島中央駅では、人の多さ、混雑ぶりに驚きました。それは、閑散とした熊本駅前とは全く比較にならないものでした。
駅前のイベント広場では、何かのコンサートも開催中でテントの中では様々な物産品が販売されていました。
 客は、県内外から集まって来ているものと思われ、九州新幹線終点の駅の混雑ぶりに熊本駅が通過点になってしまっているのだと思わざるを得ないものでした。

 鹿児島県は、九州最南端の南国である。多くの離島が点在しそこには、豊かな自然と独特の文化が残されています。
亜熱帯気候に属する島々の自然の豊かさは他県に類を見ないものであります。
 また、歴史的にも領主が変わることなく900年に亘って支配してきた島津家によって創られた歴史と文化があります。
 特に明治維新の立役者を多く輩出し、明治政府の大改革の中心的な役割を果たし重鎮を務めた志士達が歴史に名を刻んだことは万人の知るところであります。

 九州最南端の県とあって、太平洋戦争時は、沖縄南方方面への出撃基地となり知覧、鹿屋、万世、串良、国分の特攻隊基地からは多くの若者が薩摩富士と呼ばれる開聞岳に別れを告げて南の空に散って行ったという悲しい歴史もあります。
 また、指宿には、海軍回天特攻隊の基地もあって帰ることを許されない人間魚雷に乗り組んだ若者が南の海に命を散らした悲しい戦跡もあります。
 このように、様々な観光資源が豊かな鹿児島県は、当に「観光立県」と言えます。
 鹿児島市内を散策してみると、公園や道端には、幕末の志士達の若き頃の雄姿の銅像を建立して解説を付けて紹介されていて、
坂本龍馬とおりょう夫婦の銅像他、街角には、大山巌、西郷縦道、黒田清隆、島津重豪、吉井友実、伊地知正治、西郷隆盛、小松帯刀、ウィリアム・ウィリス、高木兼寛の銅像も建てられています。

 鹿児島県の観光客統計を見ても、九州新幹線の開業、特に全線開通後の県外からの来客数は増加傾向にあり、特に海外からの観光客の増加は顕著であります。
 その理由は、鹿児島空港には,ソウル線(週3便),上海線(週4便),台北線(週4便),香港線(週3便)が定期運航しており,就航先からはさらに乗継便を利用して,アジア各国をはじめ世界各地に渡航することができるという利便性があります。
 国際線が定期航路として運行されていることと円安によって海外からの観光客にとっては、割安となり中国、台湾、香港からの来客が増加しているとのことです。

 現在、熊本県内の八代港、熊本港にも時々大型客船が寄港するが、その数を如何に増やしていくか、また、福岡、鹿児島に来た海外からの観光客を新幹線や大型バスなどを利用して熊本に呼び込むかが熊本県にとって大きな課題であり、その方法如何では、大きく来客数を増加させ熊本県への経済効果を波及させることができるのではないでしょうか。
 航空便の定期航路も熊本県でも何度か運行されたこともありますが、なかなか続かないようです。
定期便が運航できなければチャーター便の運航、鹿児島からの観光客の回遊を促すイベントの企画や宣伝が必要だろうと感じた次第です。
スポンサーサイト
【2015/09/24 09:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大変御無沙汰しており申しわけなくお詫び致します。 | ホーム | 熊本市で唯一の本格的樹木葬墓地・・・やすらぎ県民霊園です。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1718-a05e4644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。