古賀誠元自民党幹事長の講演を聞いて
 1月31日、14時から長洲町の文化会館で有明海沿岸道路(二期)早期整備促進決起大会が開催されましたので、宇土市議会議員7名で参加しました。
 最初に自民党元幹事長古賀誠元衆議院議員の「戦後70年を迎えて」と言う演題での記念公演があり、その内容が素晴らしく共感するもので古賀先生に対する尊敬の思いが湧き起こりましたので御紹介します。
 古賀先生は、昭和15年8月5日、福岡県山門郡瀬高町の乾物屋に生まれられました。
2歳の時、お父様がフィリピンのレイテ島で戦死され、父親の顔も抱かれた記憶もないそうです。
 自宅のお仏壇には、お父様が戦死されたレイテ島に慰霊参拝に訪れた時に多くの日本兵が戦死した洞窟から拾って来た石ころをお祀りしているのだそうです。
 古賀先生の政治家を目指した動機は、「平和、戦争のない社会の実現であった」とお話しされました。
 終戦になっても父親は帰ることなく、待っていたのは、ふたりの子供を1人で育てる母親との貧乏暮らしで、昼間は自転車で乾物を行商し、編傘作りに夜なべする母親の姿を見てそだったそうです。
 最初の衆議院議員選挙に出馬する時、当時の自民党総裁、大平正芳総理大臣の処へ挨拶に行った時、経歴書を見た総裁からひとりだけ呼び止められ「古賀君、君は他の候補者が持っていない財産を持っておる。それは『貧苦』だ。政治家の使命は、戦争のない平和な国を創り国民を幸せにすることだ。君は、父親を戦争で失くして苦労してきた。それを糧として良き政治家を目指せ・・・」と励まされたそうです。
 そして、安倍政権の集団的自衛権を容認する閣議決定についても特定秘密保護法の制定についても厳しく批判され、この国が戦後70年、戦争でひとりの犠牲者も出さなかったのは、憲法第9条があったからであり、平和憲法を「連合国から押し付けられた憲法」という考えは間違いだと厳しく指摘されました。
 イスラム国による日本人拉致殺害事件についても、「1月17日、安倍総理が行くべきところは、イスラエルなど中東ではなく、阪神淡路大震災から20年になる。あの時生まれた人達が成人を迎える神戸にこそ行くべきだった。イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の聖地が重なり、多くの民族が争いを続けてきた一番難しい問題が複雑に絡み合う中東に行くべきではなかった」と語られました。
 戦前、戦中世代のリーダーが政治の中枢を退き、戦争を知らない世代がリーダーになった時、平和憲法の真価が問われる。平和が脅かされることを多くの先輩達が懸念していると語られました。
 靖国神社についても、「先の大戦の戦争責任を誰も取っていない、A級戦犯として裁かれた人達も靖国神社に合祀したことは誰も戦争責任を取らないことを意味している。本当の保守本流というのは、平和な国を創り国民を幸福にすることだ・・・」と話されました。
沿岸道路についても最後にインフラ整備の大切さを話されました。
 会場には、福岡、県内の国会議員と県議会議員、市長村長、市町村会議員、一般市民など約900人が古賀先生の講演に聞き入っておりました。
 自民党の皆様の心にも深く強く響いたものと思いました。
私自身、古賀先生に対する過去に持っていた政治家としてのイメージがすっかり変わり尊敬の念を覚えました。
長文を最後まで読んでいただき有難うございました。 
スポンサーサイト
【2015/02/02 10:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<四月の県議会議員選挙に対する姿勢について | ホーム | 樹木葬墓地に小さな木と花を植えてみまました。(写真をクリックすると見易くなります)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1674-a0c2acc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる