慈悲行の実践される社会を
 鎌倉時代、大飢饉があり京都の人々は飢餓に苦しみ多くの人々が飢えて死んでいました。
その時、臨済宗の開祖栄西禅師は、建仁寺の本堂を建て替える為に買っていた材木を売ってお金を作り、遠くの村々から食糧を買い求めて飢えている人々に施して多くの命を救われました。
弟子たちは、「御師匠様、本堂を建て替える為に多くの人々からいただいた浄財を他の者に施すとことは、仏罰が当ります」と反対しました。
栄西禅師は、お釈迦さまが説いておられるのは慈悲の教えである。もし、この場にお釈迦さまがおられたら、きっと、私と同じことをされるだろう。もし仏罰が当ると言うのなら私が甘んじて受けようではないか・・・」と弟子達を説得されたのです。
 私は、この栄西禅師の慈悲行に深く感銘しております。
今の政治には、この「慈悲心」が欠けていると思います。
 日曜日のNHKスペシャルで、中国では儒教やキリスト教、仏教を共産党が国民にも勧めていることが報道されました。
 多くの国民が儒教や宗教を学んでいるそうです。
 改革開放政策で「豊かになれる者から 豊かになれ」と経済至上主義で走り続けて来た結果、拝金主義、利己主義が蔓延り、人々の心から親や先祖に対する感謝の心や思いやりの心、助け合いの心が失われて殺伐とした社会になってしまったことからこのような動きが起きて来たのです。
 多くの国民が「お金をどれだけ稼いでも幸せにはなれない」「お金だけがか全てではない」ことに気付いてきたのです。

 我が国の今の政治の流れも、命を軽視し経済最優先で社会的弱者と呼ばれる人々がないがしろにされていると思うのです。
 大地から水が無くなれば砂漠です。人間の心から慈悲の心、優しさや思いやりの心が無くなったら鬼になります。

 相田みつをさんは、「奪いあえば足りぬ 分け合えば余る」と極短い言葉で譲り合い支え合う生き方を表現しておられます。
 私も決してこの慈悲心を忘れたくはありません。
 お地蔵様や観音様は優しい慈悲のまなざしですが、不動尊や愛染明王などの明王部仏様は憤怒の相をしておられます。どちらも慈悲心から出る表情なのです。
スポンサーサイト
【2013/10/14 08:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<アメリカがデフォルトすると大変な事態に・・・ | ホーム | 若者の未来を考えるシンポジウム>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1575-23cd92a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる