9月議会の一般質問「公契約条例制定について」②執行部の答弁
(総務部長)
議員のご質問の趣旨は,本市の公共施設における指定管理者の案件,市が直接,雇用している非常勤職員等の案件,公共工事等における入札条件の案件になると思われます。

 まず,本市の指定管理施設で働く労働者の賃金実態と今後の改善策についてお答えいたします。
現在,市が指定管理者制度を導入している施設は平成25年4月1日現在で15施設ございます。この15施設の内,長浜福祉館や網津公民館網引分館など地元団体等に特例で委託している施設を除く10施設について,賃金実態調査を行いました。調査は厚生労働省が示している最低賃金以上かどうかを確認する方法により行い,その結果,全ての施設において熊本県の最低賃金653円以上でございました。
 今回の調査では全ての施設で熊本県の最低賃金以上ではありましたが,最低賃金に極めて近い単価の施設もございました。従いまして,今後の改善策としましては,施設所管課で毎年行うことになっておりますモニタリング調査において,賃金実態調査の項目を追加するなど,賃金実態についても定期的に確認できるような仕組みを考えたいと思っております。
また,指定管理委託料の見直し検討につきましては,各施設共に更新の時期がございますので,その際に改めて人件費も含めた適正な金額を精査してまいります。

次に,市が直接雇用している,非常勤職員の賃金の実態と今後の改善策についてお答えいたします。
最初に,勤務時間についてですが,勤務時間は,概ね週16時間から週29時間以内で勤務いただいています。(一部の非常勤職員(ALT)については,週35時間で勤務いただいているケースもあります。)
 次に,社会保険については,関係法令に基づき,週29時間以上で勤務いただく場合に適用しています。また,雇用保険については,関係法令に基づき,31日以上で週20時間以上勤務いただく場合に適用しています。
 年次有給休暇についても,関係法令に基づき,週の勤務日数や年間の勤務時間等により任用後6ヵ月経過後から1年間につき,週4日勤務の場合は7日間,週5日勤務の場合は10日間を付与しています。
 次に,非常勤職員の報酬額については,1時間当たり,一般事務関係・用務員関係は715円,保健師・看護師は1,140円,教職員関係は1,000円から1,400円を支給しています。そのほか,これまで培われた専門的知識や経験を活かしていただく分野については,月額報酬として139,000円から160,000円を支給しています。
 通勤手当等の各種手当については支給していません。
 本市の非常勤職員の中には,ご家族の税扶養や健康保険の扶養の範囲内での就業を希望される方が多く見受けられますことから,ご家族の扶養の範囲内での就業を希望される方々にとっては,勤務時間等を含め就業しやすい賃金形態ではないかとも考えられます。
 また,熊本県緊急雇用創出基金事業を活用して,これまで就業する機会がなかった若年層を対象とした未就業者に限定して募集を行い,現在任用している部署もあります。
 次に,今後の改善策についてですが,現在,国おいて多種多様な景気回復策が実施されていますが,一部の大企業等においては業績向上等により従業員等へ利益還元策が実施されているところもありますが,中小企業や地方経済まではその波及効果が表れていないのが現状であると考えます。
 今後,非常勤職員等の雇用形態や賃金形態については,当然,より良い制度構築に努めて参りたいと考えていますが,社会情勢や経済情勢,本市の財政状況,各市の非常勤職員の任用状況などを勘案しながら,通勤に係る費用弁償の支給や報酬額の改定等について検討していきたいと考えます。

最後に,公共工事等の入札条件に関わる案件についてお答えいたします。
公契約条例を制定している自治体につきましては,少しずつ増えている状況にはございますが,まだ,全国的には少ないと把握しております。
この条例制定にあたっての最大の目的は,民間企業が低価格による契約を締結するに際し,その利益減少を人件費削減に転嫁することを防止することにあると考えております。
 
議員ご指摘のように,公共工事の入札において,価格競争の結果から,労働条件の悪化,公共工事の品質悪化等の懸念が発生する恐れがあります。
 
このような懸案事項を防止するため,本市においては,平成23年7月から公共工事における品質管理,建設業者の保護育成,現場労働者の低賃金防止・安全性の向上等を目的として「宇土市変動型最低制限価格制度」の導入を行いました。
導入の結果,前後2年間の比較で,平均落札率に変わりはありませんが,
最低落札率につきましては,
導入前49.94%,導入後79.21%という結果になっております。
また,工事検査の評点につきましても,最高ランクのAランク評点の工事が増加し,Cランク評点の工事は減少しており,明らかに工事内容は改善され,導入の効果が出ているものと考えております。
 
 しかしながら,当該制度の導入により,賃金下限額を提示させることで,労働者の賃金が下限額に近づいてしまう可能性も否定できません。
 そのため,公契約条例を制定している他自治体につきましては,工事入札に関して,一定条件の基で行われており,工事の設計金額が5千万円以上を対象とする自治体,あるいは6億円以上を対象とするなどの条件が付けられており,当市においても十分検討しなければならないと思っております。
 
このようなことから,本市としましては,先ほども申し上げましたが,「変動型最低制限価格制度」を設け,「公契約条例」制定につきましては,他自治体の制定状況等を勘案しながら調査・研究を行いたいと考えております。

スポンサーサイト
【2013/09/10 07:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<9月議会一般質問「公契約条例制定について」③藤井の意見 | ホーム | 9月議会の一般質問「公契約条例の制定について」①質問>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1565-39d48184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる