9月議会の一般質問「公契約条例の制定について」①質問
 無所属の藤井です。今回も一般質問の機会を頂き有難うございます。
今回は、公契約条例についてのみ質問をさせていただきます。執行部におかれましては、質問の趣旨を御理解いただき真摯なるご答弁をお願い致します。

公契約条例の制定についての質問でありますが、偶々、最終日の福田議員と同じ質問になりましたが、それだけ公契約条例の必要性について思いがあると言うことでしょう。
 先ず、公契約条例というのは、耳慣れない言葉であり御承知でない方もおられるかもしれませんので、御説明を申し上げます。
公契約条例といのは、国や自治体が公共工事、公共サービスの提供、物品の購入をするとき、あるいは民間企業などに委託する時に結ぶ契約が公契約です。
この公契約を結ぶにあたって、安心して働ける雇用環境の維持、生活賃金や障がい者雇用、環境、地域貢献、企業の永続性など社会的価値を国や自治体が入札や落札者決定で評価することを定めるものが公契約法・公契約条例であります。つまり、過度の低価格による入札や受注によって事業者が経営難に陥ったり、労働環境の悪化、公共サービスの低下、工事の品質の低下を招かないために歯止めを掛けようと言うものであります。
現在、国は公契約法を制定していませんが、地方自治体で千葉県野田市、神奈川県相模原市、川崎市、東京都多摩市などがこの条例を制定しております。
九州では、どこの自治体も制定してはおりませんが、本市に於いて制定出来ないものかと考えるのであります。

 特に、小泉内閣の行財政改革以後、国や地方公共団体に於いても厳しい財政運営を迫られ、公共サービスの効率化、コストダウンが求められております。公共工事や委託事業などの公契約の価格は、過当競争とあいまって、低価格・低単価の契約や受注が増大していると聞いております。
 この為に、受注先である民間企業の経営の悪化と労働者の賃金、労働条件の著しい低下を招くと言う問題が発生しております。
 さらに、業務委託にかかる人件費は、物件費として扱われる為、労働基準法や最低賃金法が順守されているかどうか、発注者には関与しにくい構造となっていますので、委託業務を担う労働者は、社会保険の不適用、賃下げや解雇の脅威にさらされていると言う現実があります。
 例えば、非正規労働者は労働者全体の約4割に達し、年収200万円以下の労働者がこの10年間で1000万人を超え、生活困窮者は増大の一途をたどり、生活保護受給者は158万世帯を超え、200万人を超える状態が続いています。
本市でも、徹底した行財政改革を進め人件費の抑制の為に非常勤職員を多く採用して居る訳ですが、その職員の給与は、とてもとても生活していけるレベルではありません。勿論、扶養控除、配偶者控除が受けられる範囲内で働きた人もいるでしょうが、極めて低賃金であり、民間企業でも同じであります。このような働く人達にとって厳しい状況は、市民サービス、公共サービスの低下にもつながりかねませんし、市税の減収に繋がり、逆に社会保障費の増加を招くことにも繋がって行きます。
 こうした状況を打開し、真の豊かさを実感できるより良い社会を実現する為には、不公正な取引関係を改善すると共に、公正な労働基準の確保や労働関係法の遵守、社会保険や労働保険の全面適用を徹底させなければなりません。さらに、男女共同参画社会の構築や障害者雇用の促進などの施策を積極的に進める必要があると思うのであります。
 以上の理由から、是非とも公契約条例の制定を希望するものであります。
総務部長に御答弁をお願いします。

スポンサーサイト
【2013/09/10 07:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<9月議会の一般質問「公契約条例制定について」②執行部の答弁 | ホーム | 宇土市議会9月議会が始まりました。一般質問は6日にします。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1564-c57b043d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる